サイバー黙示録 2分でわかる世界 Cyber ​​Apocalypse 社会




スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

佐野研二郎氏のグラフィック撤回 フランク・ゲーリー展

佐野研二郎氏のグラフィック撤回 フランク・ゲーリー展

フランク・ゲーリー展
撤回されたポスター


 10月から東京都内で開催される建築家フランク・ゲーリーの展覧会で、主催者が、アートディレクター佐野研二郎氏制作の展覧会グラフィックの撤回を決めたことが、10日、分かった。理由は「主催者側の都合」としている。

 展覧会は10月16日から2016年2月7日の日程で、東京・六本木のデザイン専門施設「2121デザインサイト」が開催。米国の代表的な建築家、フランク・ゲーリーの代表作やアイデアを紹介する内容で、佐野氏は展覧会のチラシやチケットに展開されるメーングラフィックの制作を手掛けていた。

http://www.sponichi.co.jp/society/news/2015/09/10/kiji/K20150910011103030.html


スポンサーサイト
[ 2015/09/10 20:49 ] 社会 | TB(0) | CM(0)

大阪中1殺害 容疑者は金浩二(帰化朝鮮人) 日本名、山田浩二

大阪中1殺害 容疑者は金浩二(帰化朝鮮人)日本名、山田浩二

山田浩二容疑者


山田浩二



金浩二
[ 2015/08/22 01:17 ] 社会 | TB(0) | CM(1)

佐野研二郎氏の五輪エンブレム“盗作問題”「損害賠償」を恐れる利権構造の闇

佐野研二郎氏の五輪エンブレム“盗作問題”「損害賠償」を恐れる利権構造の闇

佐野研二郎


 五輪エンブレム盗作問題への批判が拡大する中、これに関わった広告代理店周辺の関係者からは「損害賠償」というNGワード4文字がささやかれ始めているという。

「もしこのデザインが使われなくなったら、数十億単位の損失が出る。一体それを誰が払うことになるのか、“損害賠償”という4文字を恐れるような話がチラホラ聞かれ始めてます」

 匿名を条件に語ったのは、大手企業のロゴマークも手掛けた50代の日本人デザイナー。自身はこのエンブレムにまったく関わっていないが、周辺事情は「いやでも耳に入ってくる」という。

「新国立競技場の問題はよくある箱モノ行政の典型だったけど、こっちは世間に知られていない利権の巣窟があって、必死にそれを守ろうとする動きがあります。この利権の中では“損害賠償”という4文字がNGワード。絶対に回避したいものです。いま各方面が必死の火消しに走っている感じ。大会組織委員会が白紙撤回できないのもそれが理由でしょう」

「この必死の抵抗は、損害賠償と利権構造にメスが入ることを怖れているんですよ。エンブレムの選定はもともと広告代理店の仕組んだ出来レースみたいなもんで、応募要項からして八百長。応募資格に組織委が指定した過去の7つのデザインコンペのうち2つの受賞者に限っており、多くの有力デザイナーを排除している。これは、内輪で商標の著作権ビジネスを展開するためで、審査員も佐野と親しい身内ばかりなのは、そのせい。そもそも佐野がアートディレクターなんていう肩書きを名乗っているのも、デザインより著作権での金儲けに特化したチーム運営に走ったからで、これに欠かせないのが大手企業とメディア。両者をつなぐ広告代理店を軸に利権の構図があって、関係者はみんなこれを守ろうと徹底抗戦です」

http://www.cyzo.com/2015/08/post_23472.html
[ 2015/08/20 11:57 ] 社会 | TB(0) | CM(0)

御徒町駅トイレに安倍首相“批判”の落書き

御徒町駅トイレに安倍首相“批判”の落書き

トイレ落書



 2日、東京のJR御徒町駅のトイレで、安倍首相を批判する内容の落書きが書かれているのが見つかった。首都圏のJRの駅では、先月から「自民党」と書かれた落書きが相次いで見つかっており、警視庁は関連を調べている。

 警視庁によると、2日午後1時半ごろ、JR御徒町駅の男子トイレ内の壁に、油性マジックのようなもので安倍首相を批判する内容の落書きが書かれているのを清掃員が発見した。この男子トイレでは、先月にも「自民党」とスプレーで落書きされていた。

 「自民党」と書かれた同じような落書きは先月17日以降、四ツ谷駅や新橋駅、それに横浜駅など、首都圏のJRの駅のトイレで相次いで見つかっており、警視庁は器物損壊の疑いで関連を調べている。

http://headlines.yahoo.co.jp/videonews/nnn?a=20150803-00000018-nnn-soci


 組織的に落書している奴らは、だいたい察しがつくが、これはダメだろ。
[ 2015/08/03 22:39 ] 社会 | TB(0) | CM(0)

ビット・コイン消失は社長が犯人? マルク・カルプレス元・社長を逮捕

ビット・コイン消失は社長が犯人? マルク・カルプレス元・社長を逮捕

マルク・カルプレス容疑者
マルク・カルプレス容疑者


 仮想通貨「ビットコイン」の取引所「マウント・ゴックス」(東京都渋谷区、破産手続き中)から大量のコインがなくなったとされる事件で、警視庁は8月1日、システムを不正操作したなどとして、同社社長でフランス国籍のマルク・カルプレス容疑者(30)を私電磁的記録不正作出・同供用容疑で逮捕した。朝日新聞デジタルなどが報じた。

 マウント・ゴックスは2014年2月に日本で民事再生法の適用を申請。コンピューターシステムへのハッキングにより、約85万ビットコイン(当時のレートで約114億円)を失ったと主張した。その後、20万ビットコインが見つかったとしている。

 NHKニュースによると、マウント・ゴックスが預かっていたビットコインの大半が、利用者に無断で別の口座に移されたあと消失しているということで、警視庁ではカルプレス社長が事情を知っているとみて捜査することにしているという。

http://www.huffingtonpost.jp/2015/07/31/bit-coin-arrest_n_7915986.html


 彼が、ビット・コインを盗んだのだとしたら、盗んだビット・コインは、服役出獄後使えるように、安全に隠されているのだろう。

[ 2015/08/01 22:52 ] 社会 | TB(0) | CM(0)





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。