サイバー黙示録 2分でわかる世界 Cyber ​​Apocalypse 地震予知




スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

過去500年間での最大震度 安全な土地はどこ?

過去500年間での最大震度 安全な土地はどこ?

最大震度




にほんブログ村 ニュースブログ 気になるニュースへ
スポンサーサイト
[ 2015/03/05 22:21 ] 地震予知 | TB(0) | CM(0)

311巨大地震と同じ兆候 長野・岐阜地方で群発地震

311巨大地震と同じ兆候 長野・岐阜地方で群発地震

2011年3月11日 東日本巨大地震前
311前


2014年5月3日

311今回


 まあ、当たらないと思いますが、話題になっているので、アップしておきます。




ブログ・ランキングに参加しています。クリックお願いしますm(_ _)m
にほんブログ村 ニュースブログ 気になるニュースへ






[ 2014/05/03 16:40 ] 地震予知 | TB(0) | CM(0)

3日以内に震度3以上の地震 場所は不明

3日以内に震度3以上の地震

 太陽活動が地球に及ぼす影響が注目されいる。太陽といっても太陽光ではなく、電磁波の影響である。10月8日、9日地磁場計HAARPが大きく振幅して、10月12日千葉北東部でM5、震度4の地震があった。

千葉震度4
HAARP波形○印のあたりで千葉震度4



20121012135727-large.jpg
千葉で震度4



 太陽活動も活発である。



電磁波

 太陽からやってくる強力な電磁波が地中になんらかの影響を与えるだろうことが最近注目されている。いわば、宇宙レベルの巨大な電子レンジだと思ってほしい。地中の温度がたった1度上がるだけで、劇的な影響を地球に与えるだろうといわれているのである。
 HAARPに大きな波形が現れると、たいたい3日以内に震度3~4以上の地震が日本で起きている(まれにニュージーランドなど)。10月13日にまた大きな波形が現れているので、恐らくどこかで地震が起きると思われる。




発生時刻 2012年10月14日 13時37分頃
震源地 茨城県沖
最大震度 震度3
位置 緯度 北緯 36.8度
経度 東経 140.8度
震源 マグニチュード M4.0
深さ 約10km
震度3
茨城県 日立市
震度2
茨城県 高萩市北茨城市



発生時刻 2012年10月14日 15時34分頃
震源地 島根県東部
最大震度 震度3
位置 緯度 北緯 35.2度
経度 東経 132.8度
震源 マグニチュード M4.0
深さ 約10km
震度3
島根県 雲南市



5日後
20121018000158-large.jpg

発生時刻 2012年10月18日 0時1分頃
震源地 新潟県中越地方
最大震度 震度4
位置 緯度 北緯 37.0度
経度 東経 138.7度
震源 マグニチュード M4.2
深さ 約10km
震度4
新潟県 十日町市




関連記事
HAARPは地震兵器なのか?



ブログ・ランキングに参加しています。クリックお願いしますm(_ _)m
にほんブログ村 ニュースブログ 気になるニュースへ



[ 2012/10/13 20:41 ] 地震予知 | TB(0) | CM(0)

コスタリカでM7.6の地震

地震:コスタリカでM7.6

毎日新聞 2012年09月06日 00時48分(最終更新 09月06日 00時50分)

 米地質調査所(USGS)によると、中米コスタリカ北西部で5日午前、マグニチュード(M)7.6の強い地震が発生した。震源の深さは41キロ。米太平洋津波警報センターは、パナマなど周辺国の太平洋岸に津波への警戒を呼びかけた。被害の状況は確認されていない

haarp9-6.jpg



 haarpに波形が出ています。これがコスタリカの地震の波形なのかは、不明です。haarpが位置情報がわかる情報を一般に提供していないからです。(測定はしている)




↓まあ、良い記事だったでクリックお願いしますm(_ _)m
にほんブログ村 ニュースブログ 気になるニュースへ






[ 2012/09/06 01:08 ] 地震予知 | TB(0) | CM(0)

7月21日 全国の火山地震計振り切る

7月21日 全国の火山地震計振り切る

9512.jpg

独立行政法人・防災科学技術研究所(NIED)サイト
http://vivaweb2.bosai.go.jp/viva/v_rsam.html

<以下関連記事>
駿河湾で巨大津波の可能性

東海地震が懸念される駿河湾で、海底面を大きく持ち上げ、津波を巨大化させかねないひずみがたまっている場所があることが22日までに、名古屋大などのチームによる調査で分かった。
最寄りの海岸である静岡市の清水港まで約10キロと近く、短時間での津波到着も予想され、避難指示が間に合わなくなる恐れも。同じ仕組みのひずみは日本周辺のほかの地域でもたまっている可能性があり、研究者は「観測網の整備が急務」と指摘。
駿河湾では、二つのプレート(岩板)が重なり合う境目が、駿河トラフという細長い海底盆地をつくっており、トラフの中心線付近にひずみがたまっていることが判明。
2012/07/22 http://www.chunichi.co.jp/s/article/2012072201001596.html



ブログランキングに参加しています。クリックで応援お願いします。
にほんブログ村 ニュースブログ 気になるニュースへ
[ 2012/07/23 15:42 ] 地震予知 | TB(0) | CM(0)





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。