サイバー黙示録 2分でわかる世界 Cyber ​​Apocalypse 2013年01月08日
FC2ブログ




中国にひれ伏し始めた韓国 放火犯引き渡しにみる「メッセージ」

"2000年以上中国の冊封国であった韓国"
中国にひれ伏し始めた韓国、放火犯引き渡しにみる「メッセージ」


田村耕太郎
田村耕太郎

 ソウル高裁が1月3日、靖国神社放火事件の劉強容疑者を政治犯とみなし、日本への引き渡しを不許可とする判決を下した。これには驚いた。これは韓国政府が事実上、日韓関係より中韓関係を優先するとのメッセージを発したのだと思う。

 韓国政府内では当初、日本側に引き渡すべきだとの意見が主流といわれた。流れが変わったのが、昨年7月の中国の孟建柱公安相(当時)の訪韓だ。孟氏は劉容疑者に対して政治犯としての処遇を求め、自国への強制送還を公然と要求した。

 この中国の対応はまさに韓国を冊封国として扱っているかのようだ。韓国と中国の歴史をわれわれは学ばないとこれからの東アジアは読めない。朝鮮は前漢初期に衛氏朝鮮が冊封されて以来、紀元前3世紀ごろから、1895年に日清戦争で日本が清を破り、下関条約によって朝鮮を独立国と認めさせるまで、2000年以上ほぼ一貫して中国の冊封国であったのだ。

 経済的にも現代の韓国経済は、中国の冊封体制に入っていくかのようだ。韓国では、中国経済の台頭までは、対米貿易依存度が高かった。しかし2000年代に入って中国が最大の貿易相手国かつ最大の直接投資相手国となり、韓国経済の中国依存は急速に深まった。

 韓国は今、経済がすべて。経済成長が何より国家の安定のために欲しいのだ。昨年暮れの大統領選も「高齢者と若者の戦い」と揶揄(やゆ)された。韓国の社会保障制度は日本に比して貧弱だ。韓国の老後は厳しい。しかも、はや人口減少期に入っている。経済が最優先となれば、イコール対中関係が最優先である。

 輸出だけ見ても、中国は韓国の最大の輸出相手国。韓国の輸出全体の30%が中国向けだ。アメリカ向けが10%、日本向けは7%。日米合わせても中国の半分ほどしかない。対GDP比率で見ればもっと興味深い。韓国のGDPに対する韓国の対中輸出の比率は、日本の同じ指標と比べたら4倍。わかりやすく言えば、韓国から見た中国は、日本から見た中国より4倍も大きく見えている。中韓関係の方が日韓関係より4倍大事に見えるともいえるのではないか。

 日本の陸軍士官学校を卒業した父、故朴正煕大統領の娘ということで親日派と期待される朴槿恵次期韓国大統領は、父親と違い、日本語が話せない。一方、彼女は中国語に堪能で、中国人脈も豊富だという。安全保障上の懸念である北朝鮮を抑えるためにも、中国は重要だ。つまり、韓国にとって経済から安全保障にいたるまで、中国が最重要国家ということである。

 中韓関係が日韓関係より大事であることは明白になったが、やがて中韓が米韓よりも優先される時代がやってくるだろう。安倍政権には思想や夢想ではなく、リアリズムに徹して、これらの国々に対応することを期待したい。(前参院議員 田村耕太郎)
http://www.zakzak.co.jp/society/foreign/news/20130108/frn1301081145000-n1.htm


関連記事
武田鉄矢。教科書で教わらなかった韓国中国の歴史




ブログ・ランキングに参加しています。クリックお願いしますm(_ _)m
にほんブログ村 ニュースブログ 気になるニュースへ


スポンサーサイト



[ 2013/01/08 19:52 ] 特定アジア | TB(0) | CM(0)

夏目漱石「余は支那人や朝鮮人に生れなくつて、まあ善かつたと思つた」

夏目漱石「余は支那人や朝鮮人に生れなくつて、まあ善かつたと思つた」 全集未収録随筆を発掘 作家の黒川創さんが国会図書館で


夏目

 文豪、夏目漱石(1867~1916年)が新聞に寄稿した全集未収録の随筆が見つかったことが6日、分かった。初代韓国統監を務めた伊藤博文の暗殺などに触れた内容で、研究者は「初めて見る貴重な資料だ」と評価している。作家の黒川創(そう)さん(51)が国立国会図書館などから発掘した。7日発売の文芸誌「新潮」2月合に、随筆の執筆背景などを盛り込んだ黒川さんの小説「暗殺者たち」の一部として全文掲載される。
 随筆は「韓満所感」と題し、明治42(1909)年11月5、6日付「満洲日日新聞」に2回掲載された。1面トップの扱いで、計約2800字の分量がある。同紙は、日露戦争後に日本の租借地となった満州(現在の中国東北部)の大連で発行されていた邦字新聞。新潮社によると、随筆は全集や単行本には収録されておらず、約100年間忘れられた作品になっていた。
 伊藤博文暗殺の報に接した驚きに始まり、満州や朝鮮で活躍する日本人に頼もしい印象を受けたことが記されている。漱石は同年9~10月、親友の満鉄総裁、中村是公の招きで満州・朝鮮各地を旅行していた。
 黒川さんは平成22年、韓国開催のシンポジウムに参加した際、伊藤を暗殺した安重根に関する現地の資料集に随筆の一部が収録されているのを発見。国会図書館所蔵の満洲日日新聞のマイクロフィルムで全体を確認した。黒川さんは「政治など天下国家の問題を正面から論じることを避ける態度が明らかで、漱石の低(てい)徊(かい)趣味(俗事を避け、余裕を持って人生を眺める態度)がよく出ている」と話す。
 東北大付属図書館の「漱石文庫」の研究に関わってきた仁平道明・和洋女子大教授(国文学)は「漱石のアジア観を考える時に重要な意味を持つ部分もあり、貴重な資料だ」と今回の発見に注目しており、「漱石全集」を刊行する岩波書店も「全集改訂時にぜひ収録したい」と話している。
http://sankei.jp.msn.com/life/news/130107/art13010714090006-n2.htm


満州日日新聞
「満洲日日新聞」明治42年11月5日掲載の夏目漱石の随筆「韓満所感(上)」

関連記事
武田鉄矢。教科書で教わらなかった韓国中国の歴史




ブログ・ランキングに参加しています。クリックお願いしますm(_ _)m
にほんブログ村 ニュースブログ 気になるニュースへ


[ 2013/01/08 12:00 ] トピックス | TB(0) | CM(0)

朝日、毎日の従軍慰安婦記事をそのまま垂れ流すNYタイムズ

 米国政府 「朝日と毎日は左翼的思考、証拠もないのに慰安婦を捏造し、世界へ輸出している」

NYタイムズ

 米紙ニューヨーク・タイムズは3日付朝刊の社説で、「歴史を否定する新たな試み」と題し、旧日本軍による慰安婦募集の強制性を認めた「河野談話」に関して、有識者による再検討の必要性に言及した安倍晋三首相を「重大な過ち」と強く批判した。
(中略)
 ブッシュ前政権の国家安全保障会議(NSC)でアジア上級部長を務めたマイケル・グリーン氏は、ニューヨーク・タイムズなど一部米メディアによる「安倍たたき」について、「安倍氏を危険な右翼だと憎む朝日新聞や一部毎日新聞の見立てを輸入したものだ」との見解を示している。
(中略)
 ニューヨーク・タイムズ社説は物証を挙げないまま、強制性を前提に見直しの動きを批判している。
 一方、戦後50年の節目に当たる平成7年8月、村山富市首相が、「植民地支配と侵略」への「心からのお詫びの気持ち」を表明した村山談話。
 安倍首相はこれに代わり、歴史問題への立場を示す未来志向の「安倍談話」を新たに出す考えを示している。
 これについても社説は、村山談話を不明確な未来志向の談話に置き換えたがっている、などとと否定的に伝えている。
http://sankei.jp.msn.com/world/news/130104/amr13010410070004-n1.htm






ブログ・ランキングに参加しています。クリックお願いしますm(_ _)m
にほんブログ村 ニュースブログ 気になるニュースへ


[ 2013/01/08 10:44 ] 特定アジア | TB(0) | CM(0)