サイバー黙示録 2分でわかる世界 Cyber ​​Apocalypse 2013年01月12日
FC2ブログ




尖閣防衛 米軍切り札F22ステルス戦闘機を暫定配備

尖閣防衛 米軍切り札F22ステルス戦闘機を暫定配備

f22.jpg


 沖縄・尖閣諸島をめぐり中国の挑発が続く中、米空軍は11日、米軍嘉手納基地(沖縄県嘉手納町など)に今月中旬から4カ月間にわたり、米バージニア州ラングレー空軍基地所属のF22ステルス戦闘機と約300人を暫定配備することを明らかにした。世界唯一の「第5世代戦闘機」が中国ににらみをきかす。
 中国は11日にも国家海洋局所属の航空機1機を日本の防空識別圏に進入させた。軍事的緊張が高まる中、尖閣防衛の切り札F22が再び沖縄に配置される。沖縄防衛局によると、F22は12機が派遣され、到着は14日ごろ。F15戦闘機約50機が常駐する嘉手納基地の第18航空団の指揮下で訓練を実施するとしている。
 嘉手納には2007年以降、F22が数カ月単位で暫定配備されており、今回で7回目。軍は「アジア太平洋地域に最新鋭の装備を投入する」(カーター国防次官)との方針で、いずれは嘉手納に常駐するという見方も強まっている。
 レーダーに映らず一方的にミサイルで攻撃を仕掛けられるF22は別名「航空支配戦闘機」。過去の演習では1機も損害を出さないでF15など第4世代機144機を“撃墜”した。中国空軍の主力戦闘機で同じ第4世代機のJ10(殲10)やJ11(殲11)をはるかに上回る戦闘能力を持つ。
 領土拡張の野心を隠さない中国に対し、鉄壁の守りが備わりつつある。
http://www.zakzak.co.jp/society/politics/news/20130112/plt1301121442001-n1.htm







ブログ・ランキングに参加しています。クリックお願いしますm(_ _)m
にほんブログ村 ニュースブログ 気になるニュースへ


スポンサーサイト



[ 2013/01/12 16:01 ] 国際 | TB(0) | CM(0)