サイバー黙示録 2分でわかる世界 Cyber ​​Apocalypse 2013年08月13日
FC2ブログ




東電、原発再稼動なければさらに8.5%の値上げ

東電、原発再稼動なければさらに8.5%の値上げ


 東京電力は、柏崎刈羽原子力発電所(新潟県)の運転停止が続けば来年1月にも8・5%程度の電気料金の再値上げが必要になる、との試算を取引金融機関に示した。
 同原発が1月に再稼働すれば、値上げせずに2014年3月期の経常利益が340億円程度の黒字を確保できるとしている。ただ、昨年9月の大幅値上げから1年半もたたないうちに再値上げすれば、利用者の反発を招きかねない。
 運転停止が長引いても、東電が実際に値上げを申請するかどうかは不透明だ。
 試算によると、15年3月末まで原発が運転できない場合、14年1月に8・5%程度値上げすれば同年3月期に600億円程度の経常黒字が確保できる。同期の経常黒字は、東電が金融機関から融資を受けるための条件となっている。

▽読売新聞(2013年8月13日)
http://www.yomiuri.co.jp/atmoney/news/20130813-OYT1T00203.htm?from=top





ブログ・ランキングに参加しています。クリックお願いしますm(_ _)m
にほんブログ村 ニュースブログ 気になるニュースへ
スポンサーサイト



[ 2013/08/13 15:29 ] 経済 | TB(0) | CM(0)

浜田内閣官房参与、消費増税先送りを安倍首相に提案

浜田内閣官房参与、消費増税先送りを安倍首相に提案

328b568e.jpg


 内閣府が12日朝に発表した4~6月のGDP(=国内総生産)が3期連続のプラスで、年率プラス2.6%となったことを受け、安倍首相は「安倍政権発足以来、順調に景気は上がってきている。今後も経済政策に万全を期していきたい。秋にもさらなる成長戦略の実行等、しっかり景気・経済に力を入れていきたい」と話した。
 しかし、消費税率の引き上げ判断への影響については言及しなかった。
 一方、安倍首相の経済政策のブレーンの一人、浜田宏一内閣官房参与は、「実質(成長率)が3.9%とか4%という形で出てくれば、他の政策手段、特に金融政策も使えるわけだから、少し苦い薬を国民とともにのむという判断もあったかと思うが、とてもそういう状況にない」と述べた上で、来年4月に予定されている消費税率の引き上げを1年程度先送りすることを安倍首相に提案していることを明らかにした

http://www.news24.jp/articles/2013/08/12/04234177.html




ブログ・ランキングに参加しています。クリックお願いしますm(_ _)m
にほんブログ村 ニュースブログ 気になるニュースへ
[ 2013/08/13 15:22 ] 経済 | TB(0) | CM(0)