サイバー黙示録 2分でわかる世界 Cyber ​​Apocalypse 2013年08月29日
FC2ブログ




シリアが対決姿勢 北朝鮮からミサイル購入も判明

シリアが対決姿勢 「侵略者の墓場になる」

e121e1da.jpg


 内戦が続くシリアで、化学兵器の使用を巡ってアメリカなどが軍事行動も辞さない構えを見せるなか、シリアのハルキ首相は「シリアは侵略者の墓場になるだろう」と述べて対決姿勢を鮮明にしました。
 シリアでは、今月21日、首都ダマスカス近郊で化学兵器が使われたとされる攻撃で数百人が死亡し、国連が現地調査を続けるなか、アメリカなどはアサド政権が化学兵器を使用したと主張し、軍事行動も辞さない構えを見せています。
 これに対し、シリアのハルキ首相は、28日、国営通信を通じて、「攻撃が行われれば、シリアは侵略者の墓場になる」 とけん制し、欧米諸国との対決姿勢を鮮明にしました。
 そのうえで、ハルキ首相は、アメリカなどが10年前に「イラクは大量破壊兵器を保有している」と十分な証拠がないまま主張して戦争に踏み切ったことを指摘し、「イラクを侵略するために偽りの主張で欧米が国際世論を誤った方向に導いたことを世界は覚えている」として批判しました
(以下略)
NHK
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20130829/k10014120871000.html



北朝鮮からミサイル40基購入

934f341f.png

 シリアのアサド政権が、ことし春、北朝鮮から短距離ミサイルおよそ40基を購入したことが明らかになり、化学兵器を使ったとされる問題で欧米諸国から攻撃された場合、報復としてこのミサイルを使って隣国イスラエルを攻撃する可能性も排除できないとみて、アメリカなどが警戒を強めています。
 日本や韓国の外交筋がNHKに対して明らかにしたところによりますと、シリアが、ことしの春、射程100キロ余りの短距離ミサイルおよそ40基を北朝鮮から購入したのをアメリカ政府が確認したということです。
 ミサイルはいったんシリアの隣国レバノンまで貨物船で運ばれ、そこから、陸路でシリアに運び込まれたとみられています。
(中略)
 また、これとは別に、ことし4月には、リビア船籍の貨物船が北朝鮮からシリアに向けて、¥自動小銃やライフル銃など合わせて1400丁、それにガスマスクなどを運んだことも確認されたということです。

NHK
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20130829/k10014120011000.html





ブログ・ランキングに参加しています。クリックお願いしますm(_ _)m
にほんブログ村 ニュースブログ 気になるニュースへ
スポンサーサイト



[ 2013/08/29 14:34 ] 中東・アフリカ問題 | TB(0) | CM(0)