サイバー黙示録 2分でわかる世界 Cyber ​​Apocalypse 2013年12月13日
FC2ブログ




特定秘密法案に反対してる人たちには日当が出ている

特定秘密法案に反対してる人たちには日当が出ている

2分55秒~



 西田議員の上記の発言に、しばき隊という人達から、抗議が寄せられているようです。




ブログ・ランキングに参加しています。クリックお願いしますm(_ _)m
にほんブログ村 ニュースブログ 気になるニュースへ
スポンサーサイト



[ 2013/12/13 23:51 ] 国内政治 | TB(0) | CM(0)

朝鮮人がテキサス親父に殺害予告

朝鮮人がテキサス親父に殺害予告


 米グレンデール市の慰安婦像をめぐる「テキサス親父」ことトニー・マラーノさんと、韓国社会のバトルが相変わらず続いている。
 像への「侮辱」騒動に韓国側の憤慨収まらぬ中、マラーノさんが今度はホワイトハウス宛に「像を撤去してくれ」と求める請願活動を始めたためだ。
 韓国では大手紙やテレビ局が相次いで取り上げ、マラーノさんの元には「殺人予告」まで舞い込む。もっとも地元米国、そして日本では、ほとんど報じられる気配がない。
 「カリフォルニア州グレンデールの市立公園に建てられた『侮辱的な像』を撤去せよ」米ホワイトハウスが設置している請願サイト「WE the PEOPLE」に、こんなトピックが投稿されたのは2013年12月11日(現地時間)のことだ。
 WE the PEOPLEに寄せられた書き込みには、期間内に一定数の同意を確保できさえすれば、どんな内容であれ政府から正式に見解が発表される。過去にも何度か韓国や日本のネットユーザーが、慰安婦や日本海表記問題をめぐり「投票合戦」を繰り広げてきた。

さて、11日に追加された請願は、以下のような内容となっている。

 「カリフォルニア州グレンデールの市立公園に建てられた像を撤去してください。この慰安婦像は、平和への祈願を装っていますが、その銘文を読めばわかるように、その本質は日本国と日本人への憎悪を煽り立てるものです」

 請願を開始したのは、テキサス州在住の動画投稿者トニー・マラーノさんだ。日本に好意的な政治的主張もあって、「テキサス親父」の呼び名で主に保守層を中心に人気が高い。慰安婦については、当時の米軍文書を元に「売春婦」だったとの立場を取っている。
 先立つ3日、マラーノさんはグレンデールの慰安婦像を支持者らとともに訪問、像に紙袋をかぶせ、日章旗と旭日旗を膝の上に乗せるなどした写真を撮影し、フェイスブックなどで公開していた。
 これに韓国側は「極右ブロガー」による「侮辱」だとして敏感に反応、動画の日本語訳などを行っている「テキサス親父日本事務局」によれば、
 マラーノさんの元には韓国人とみられるネットユーザーから9日までに「殺害予告」も含む、実に3000通近い罵詈雑言が送り付けられたという。

http://www.j-cast.com/2013/12/13191726.html

関連記事
テキサス親父が「従軍慰安婦像撤去のホワイトハウス請願署名」を開始!




ブログ・ランキングに参加しています。クリックお願いしますm(_ _)m
にほんブログ村 ニュースブログ 気になるニュースへ
[ 2013/12/13 23:44 ] 慰安婦の実態 | TB(0) | CM(0)

「日本-ASEAN(東南アジア諸国連合)特別首脳会議」中韓招待せず

「日本-ASEAN(東南アジア諸国連合)特別首脳会議」中韓招待せず

6af339b8.jpg


就任以来、東南アジア諸国との関係強化に力を入れてきた日本の安倍晋三首相が、13日から15日までの日程で東京で開催される「日本-ASEAN(東南アジア諸国連合)特別首脳会議」を通じ、東南アジア諸国とのこれまで以上の結束強化に本格的に乗り出す。
1967年に設立されたASEANには現在、フィリピン、シンガポール、タイ、インドネシア、ブルネイ、ベトナム、カンボジアなど10カ国が加盟している。安倍首相は今年1月のベトナム、タイ、インドネシア訪問を皮切りに、すでに加盟10カ国全てを訪問するなど、ASEAN諸国との連携に力を入れてきた。
 安倍首相は12日午前には首相官邸でマレーシアのナジブ首相と会談した。今回の特別首脳会議で安倍首相は本格的な中国けん制に乗り出している。
 日本はかつてASEAN諸国と首脳会談を行う際、韓国と中国も含めた「ASEAN+3」という形を取ってきた。ところが今回は「日本とASEAN友好40周年記念」を口実に、韓国と中国は招待しなかった。
 安倍首相は今回の首脳会議を通じ、ASEAN諸国向けに通貨スワップの拡大を含む複数の経済支援策を発表する予定だ。現在、日本はインドネシアと120億ドル(約1兆2400億円)、フィリピンと60億ドル(約6200億円)規模のスワップ協定を締結しているが、この規模を今後2倍ほどに拡大する方向で検討を進めており、さらにタイ、シンガポール、マレーシアとの通貨スワップ協定も復活させる方向で検討している。
 かつて日本はタイと60億ドル、マレーシアと10億ドル(約1030億円)、シンガポールと30億ドル(約3100億円)のスワップ協定を締結していた。さらに安倍首相はASEAN向けのODA(政府開発援助)拡大の方針についても発表する予定だ。
 日本経済新聞は12日付で「日本はASEAN諸国における災害対策支援の名目で、およそ3000億円規模の政府開発援助を提供する」と報じた。今回の特別首脳会議での最も重要な議題は「中国による防空識別圏の設定」となる見通しだ。
 安倍首相はナジブ首相との会談で、今回の中国による防空識別圏設定に懸念を示し、ナジブ首相も「日本の懸念を理解する」と述べた。安倍首相は中国が近く南シナ海でも防空識別圏を設定することを示唆していることについて「ASEAN諸国に大きな影響を及ぼしかねない」と強調した。
 共同通信は12日、日本政府が取りまとめた共同声明の原案について報じ、その中で「公海上空での飛行の自由と安全の重要性」に言及されていることを明らかにした。
 またフィリピンなどが南シナ海の島々について中国と領有権争いをしていることを念頭に、原案には「航海の自由を保障し、関係する紛争は国際法に基づいて平和的な方法で解決すべき」との内容も含まれている。
 しかし共同通信は「ASEAN諸国がこの原案にどこまで応じるかは未知数」とも伝えている。
 安倍首相は今年10月、ブルネイで開催された日本-ASEAN首脳会議でも、中国をけん制する内容が含まれた共同声明を事前に準備していたが、一部の国が中国を意識して難色を示したため、表現が一部修正されていたことが後から分かった。

http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2013/12/13/2013121301031.html




ブログ・ランキングに参加しています。クリックお願いしますm(_ _)m
にほんブログ村 ニュースブログ 気になるニュースへ
[ 2013/12/13 16:51 ] 国内政治 | TB(0) | CM(0)