サイバー黙示録 2分でわかる世界 Cyber ​​Apocalypse 2015年06月10日
FC2ブログ




MERSの影響で、朴クネ大統領の訪米中止

MERSの影響で、朴クネ大統領の訪米中止


訪米中止



 重い肺炎などを引き起こす「MERSコロナウイルス」の感染が広がっている韓国で、感染が確認された人は100人を超え、死亡した人は9人となり、事態を重く見たパク・クネ(朴槿恵)大統領は、来週、予定していたアメリカ訪問を延期することを決めました。

 チェ・ギョンファン副首相は、10日午前、緊急の記者会見を開き、感染はすべて病院内で起きていることを改めて強調したうえで、「院内での感染が確認された病院を確認し、その病院を利用した後に発熱などの症状が出た人は、必ず政府や自治体に連絡してほしい」と述べ、国民に協力を求めました。さらに、「空気感染することはないので過度に不安を持たず、落ち着いて日常生活を送ってほしい」と呼びかけました。

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20150610/k10010109181000.html


参考
病院の密閉空間でMERS空気感染の可能性=韓国


アメリカの本音



「来ないでくれ」
スポンサーサイト



[ 2015/06/10 20:33 ] 特定アジア | TB(0) | CM(0)

MERS対策でマスク着用の香港留学生に、韓国人教授が「教室から出て行け!」

「ギスギスした雰囲気を持ち込むな」と非難し、留学生を教室から追い出す

成均館大学
成均館大学

 韓国ソウルの成均館大学で2月から交換留学生として学んでいる香港の女子学生が、MERS対策として授業中にマスクを着用していたところ、教授から「ギスギスした雰囲気を持ち込むな」と非難され、教室から追い出されていたことが分かった。9日付で台湾紙・自由時報が伝えた。

 香港のTVBニュースによると、香港城市大学の学生、湯さんは2月から3カ月の予定で、成均館大学で学んでいた。MERSの感染拡大を受け、別の香港の学生とともに授業の際にマスクを着用していたところ、教授から「ギスギスした雰囲気を教室や韓国に持ち込むな」と非難され、マスクを外すよう言われた。2人がこれを拒むと、教室から出ていくよう指示されたという。

 湯さんらは大学側に訴えたが、大学側の回答は「授業中のマスク着用は失礼な行為だとみなす教授もいる。マスク着用を続けるのであれば、授業での発表もできなくなり、卒業すら難しくなる」というものだった。

MERS香港留学生


 湯さんは「たとえ卒業できなくても、マスク着用は止めない」との姿勢を崩していない。城市大学側も成均館大学に連絡し、「学生が帰国の繰り上げを希望すれば協力する」としている。

(編集翻訳 小豆沢紀子)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150610-00000029-xinhua-cn



[ 2015/06/10 20:24 ] 特定アジア | TB(0) | CM(0)

ミヤネ屋ディレクターの異常な韓国擁護 

ミヤネ屋ディレクター MERSで韓国が怖いというイメージをなんとしても阻止

ミヤネ屋

関西福祉大学 勝田吉彰 研究室@tabibito12

本日3日も電話コメント決定。「ミヤネ屋」。Dとの打ち合わせ終わり、15時すぎのコーナー。

昨日の数件もそうだけど、韓国が怖いというイメージをいかに阻止するか
現時点で頭の使いどころかと。

日本に入ってくることが万一あるとすれば、それは中東からであって韓国からじゃないと思いますよと。











[ 2015/06/10 20:07 ] マスメディア | TB(0) | CM(0)

日米韓はもうだめ。これからは、日米豪

日米韓はもうだめ。これからは、日米豪

日米豪



 韓国・聯合ニュースは20日、米シンクタンクが最近、日米韓3か国の安保協力の限界を指摘し、代わって日米豪3か国による協力の重要性を指摘する報告書を作成したと報じた。記事は「このような主張の裏には、韓国が中国に傾き、安全保障協力対象から除外すべきだという『コリア・パッシング』論が作用していると見られ、注視する必要がある」と警戒を呼びかけている。

 問題の報告書は、ワシントンの民間シンクタンク「スティムソン・センター」が出版した「日米豪安全保障協力:展望と課題」で、筆者は駐米日本大使館政務専門調査員の経歴がある辰巳由紀主任研究員。

 報告書は、日米韓の協力について「韓国と日本の政治的緊張が、歴史的に緊密な安全保障協力を作り出すことを妨げてきた。昨年12月には日米韓情報共有協定に署名したが、3か国が安全保障協力を制度化するには道は遠い」と評価した。さらに、1999年に作られた日米韓三国調整監視グループ(TCOG)が「2000年代半ばに有名無実化された」ことなどを取り上げ、「地政学的論理に基づいて、日米韓3か国協力を強化しなければならないという主張は、政策の実行段階で失敗した」と指摘している。

http://www.focus-asia.com/socioeconomy/photonews/415644/

[ 2015/06/10 19:59 ] 国際 | TB(0) | CM(0)