サイバー黙示録 2分でわかる世界 Cyber ​​Apocalypse 2015年06月16日
FC2ブログ




中国軍の演習招待撤回を要求、「挑発目に余る」マケイン米上院委

中国軍の演習招待撤回を要求、「挑発目に余る」マケイン米上院委

マケイン米上院軍事委員長
マケイン米上院軍事委員長


 米上院のマケイン軍事委員長(共和党)らは22日までに、中国の南シナ海などでの挑発的な行動が目に余るとして、米海軍が主催する2016年環太平洋合同演習(リムパック)への招待を撤回するよう求める書簡をカーター国防長官に送った。米メディアが伝えた。

 21日付の書簡には軍事委の民主党トップ、リード議員も署名。南シナ海で岩礁埋め立てを進める中国に対して、米議会が党派を超えて反発を強めていることを示す。リムパックはほぼ隔年で開催され、前回14年に米海軍の招待で中国海軍が初参加した。

 書簡は中国が「さまざまな手法の威圧」により東シナ海、南シナ海での管轄権を確立しようとしていると指摘。中国の圧迫にさらされている日本やフィリピンが演習の常連国であることも挙げ、中国に「褒美を与えるのではなく、代償を払わせる選択肢」を検討するよう米政府に求めている。(共同)

http://www.sankei.com/world/news/150523/wor1505230027-n1.html


スポンサーサイト



[ 2015/06/16 20:55 ] 国際 | TB(0) | CM(0)

維新 橋下 「民主党という政党は日本の国にとって良くない」

維新 橋下 「民主党という政党は日本の国にとって良くない」


維新の党の橋下徹最高顧問(大阪市長)は15日、自身のツイッターに、維新の今後について「民主党とは一線を画すべきだ。自民党と国の在り方について激しく論戦できる政党を目指すべきだ。民主党とは決定的に違う」と書き込み、民主党との連携ではなく独自路線を歩むべきだとの考えを強調した。

 橋下氏は民主党について「空理空論の夢物語だけでは行政運営はできない。民主党という政党は日本の国にとって良くない。なぜなら政党の方向性が全く見えない」などと強く批判した。

 安全保障関連法案に憲法学者から「違憲」との声が出ていることに関しては、「最後に責任を負うのは内閣であり、最高裁」と指摘。最高裁の砂川事件判決が「自衛は他衛。他衛は自衛。国際情勢の中でどのような防衛レベルを採るかは内閣の政治行為」との見解を示しているとし、「憲法学者の意見よりも最高裁長官の意見の方が重い」と書き込んだ。

 さらに、「自民、公明、維新、民主でそれぞれ憲法9条について改正案を作るべきだ。国会議員やメディアが騒いでいるだけでは国の方向は決まらない。国民投票で決めるべきだ」と提案。14日に安倍晋三首相と会談したことについては言及していない。


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150615-00000034-jij-pol
[ 2015/06/16 12:29 ] 国内政治 | TB(0) | CM(0)

水没の海上自衛隊飛行艇US-2、引き揚げ作業中に機体が折れる…高知沖

水没の海上自衛隊飛行艇US-2、引き揚げ作業中に機体が折れる…高知沖

US2.jpg


 海上自衛隊岩国航空基地(山口県岩国市)は15日、高知沖で4月に事故を起こし、水没した同基地所属の救難飛行艇「US2」の機体が、引き揚げ作業中に折れたと明らかにした。民間業者が作業を進めていた。
 岩国基地によると、US2は4月28日、足摺岬北東沖の海上で、離着水訓練で飛び立とうとした際、右翼のエンジン1基が脱落。機内に浸水し、足摺岬の北東約37キロ地点で機首から海中に水没した。

http://www.sankei.com/photo/daily/news/150615/dly1506150008-n1.html

main_us-2.jpg


[ 2015/06/16 12:24 ] 国際 | TB(0) | CM(0)

イタリア産と思っていたトマト缶 洋服が実は中国企業産だった!!

イタリア産と思っていたトマト缶 洋服が実は中国企業産だった!!



 中国製品があふれているのはいずこも同じだが、イタリアではメイド・イン・イタリーの「顔」と言える名産品にまで中国製が侵食してきた。 イタリア農業者団体の一つコルディレッティが十一月に発表した数字によると、二〇〇七年の中国からのトマトピューレ輸入量は前年比二・六倍の十六万トンに上る見込みとなった。国内生産量の四分の一に当たる。 しかも現在、ピューレはドラム缶で運び込まれ、イタリアで瓶詰めしただけで「メイド・イン・イタリー」と銘打たれている。中には、パスタソースに加工され、イタリア産として輸出されるものもある。 農業生産者の粘り強い要求で、政府はこの一月から、ピューレの原産地表示を義務付けた。コルディレッティのマリーニ会長は「これで、マーケットから『危ない商品』を一掃できる」と喜ぶ。政府は、中国製トマト製品の食品検査を早急に行なうことも決めた。 ファッション産業の空洞化も進んでいる。 十二月二日、国営放送3チャンネルの報道番組「レポルト」は、グッチ、プラダなどスーパーブランドが、中国人やイタリア人らが経営する国内企業に、製造を下請け、孫請けに出している実態を報道し反響を呼んだ。 番組によると、ブランド企業は素材を零細企業に渡し、バッグ一つあたりの工賃を二十―三十ユーロ(一ユーロ=約百六十円)に抑え、数百ユーロで消費者に売っている。


http://www.fsight.jp/3921


[ 2015/06/16 00:01 ] 国際 | TB(0) | CM(0)