サイバー黙示録 2分でわかる世界 Cyber ​​Apocalypse 2015年10月




スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

スロベニア=オーストリア国境  難民の様子

スロベニア=オーストリア国境  難民の様子




Thousands of refugees wait to cross from Sentilj, Slovenia to Spielfeld, Austria where they wait for buses to take them further into Austria.
スポンサーサイト
[ 2015/10/30 20:11 ] 国際 | TB(0) | CM(0)

日中軍事衝突なら「退路ない」と中国軍上将、尖閣で論文 「極力戦争を回避」と訴える

弱気になった?人民解放軍

劉亜州
劉亜州


 中国軍の上将で、国防大学政治委員の劉亜州氏は21日までに、沖縄県・尖閣諸島をめぐる問題に関する論文を公表し、日本と中国が軍事衝突すれば「中国は勝つ以外に選択肢はなく、退路はない」と強調した。敗北すれば体制を揺るがす事態に発展しかねないとの危機感を示唆したものとみられ「極力戦争を回避」すべきだと訴えた。

 今月公表された論文は共産党や国防省のウェブサイトにも掲載されており、習近平指導部の意向を反映している可能性が高い。中国は尖閣をめぐる問題を対日政策の重要課題と位置付けて強硬路線を堅持。「結果的に日本や米国との緊張がいたずらに高まった」(党関係者)との指摘もあり、外交方針を調整しているもようだ。

 劉氏は軍事政策に影響力を持ち、習氏とも関係が近いとされる。論文で、尖閣問題を現在の日中関係の焦点とするのは「戦略的に誤った判断だ」と主張。「戦争を辞さないという覚悟」を持ちつつも平和に向け努力すべきだと強調した。

http://www.sankei.com/world/news/151021/wor1510210048-n1.html

[ 2015/10/21 21:29 ] 特定アジア | TB(0) | CM(0)

エドワード・ルトワック博士が分析する中国という国

中国は国力の増大が、国境を変えると信じているし、それが正しいと思っている。
対抗するには、周辺国のコアリション【coalition】(連合)が必要



エドワード・ルトワック
エドワード・ルトワック博士


 2011年の時点での、博士が見た中国

①国力の増大が、国境を変えると信じている。
②陸・海・空軍は、それぞれ予算拡大と利権拡大しか考えていない。三軍の一体感はまるでなし。
③南シナ海での小競り合い程度は、人民の愛国心を駆り立て、優秀な人材が集まるので歓迎。
④中国を封じ込めるためには、経済的に敵対することが、必要。戦争は現実的ではない。
⑤中国に対抗するために、南アジア諸国の連帯が必要。
⑥ロシアが中国についたら、中国の勝ち。
⑦ロシアが日本と仲良くなり、天然ガスパイプラインなど敷設したら、中国の負け。




[ 2015/10/21 01:01 ] 国際 | TB(0) | CM(0)

Samurai slices baseball traveling at 100 mph in half

Samurai slices baseball traveling at 100 mph in half





Hollywood producers could do worse than looking at those with superpowers in the East rather than producing another run-of-the-mill comic book blockbuster... A samurai who cut a baseball with his sword might just be the inspiration they were looking for.

Dressed in black attire, the man with a sword is stood on a pedestal, with baseballs thrown at him through a special net. One of the fastballs was registered at a speed of 161 km/h (100 mph). The samurai knew exactly where to put his sword and the ball was sliced clean in two.




[ 2015/10/19 18:56 ] エンタメ | TB(0) | CM(0)

アメリカは、どんな巨大な借金でも払う事ができるのです。 何故なら私達は常に印刷できるから

アメリカは、どんな巨大な借金でも払う事ができるのです。 何故なら私達は常に印刷できるから





グリーンスパン 「アメリカは、どんな巨大な借金でも払う事ができるのです。 何故なら私達は常に印刷できるから 」

Former Federal Reserve Bank Chairman Alan Greenspan (left) came up with a (WTF) way to claim the U.S. government would never default on debt: print the difference.

"This is not an issue of credit rating. The United States can pay any debt it has because we can always print money to do that. So there is zero probability of default."

Analysts ask, Zimbabwe-like inflation of the dollar is not default? They say that Greenspan won't find that argument very persuasive to bond-holders, who won't be able to buy anything with their bonds when they come due.


関連記事
お金ができる仕組み。銀行の詐欺システム




[ 2015/10/13 06:58 ] 銀行は借金を売る | TB(0) | CM(0)

中国の都会の金持ちと結婚に騙されるベトナム女性

誘拐されて中国に“売られる”ベトナム人花嫁、毎年数千人

ヴェトナム


 シンガポール紙サンデー・タイムズは7日、「花嫁になるか?それとも娼婦になるか?」との見出しで、ベトナム人女性が誘拐されて中国南部の奥地に売りとばされている実態を報じた。8日付で環球時報が伝えた。
 10月に発覚した事件では、人身売買ブローカー2人がホーチミンからハノイへ向かう飛行機に乗ろうとしていたところをベトナム当局に逮捕された。ブローカーは誘拐した3人の女性を連れていた。女性たちはハノイから中国南部の奥地に連れて行かれ、現地の買い主と結婚させられる予定だったという。
 ベトナムの貧困女性が誘拐され、中国に売り飛ばされるのを防ごうと、中国とベトナムの当局は取り締まりに力を入れているが、被害者は増加の一途をたどっている。中国メディアによると、中国公安部刑偵局の誘拐取り締まり室副主任は、「最近は国際結婚の仲介業者や婚活サイトがいわゆる『ベトナム人花嫁の共同購入』を後押ししている。表面上は普通の仲介業者だが、その大半は誘拐に絡んでいる」と説明する。
 仲介業者はベトナムの若い女性に「中国大都市の金持ち男性との結婚」を約束するが、実際には中国の農村に花嫁として売り飛ばされているという。これまでの被害者数は正確には分からないが、毎年数千人に上るとみられている。ベトナムの慈善活動家は「誘拐されたベトナム女性は厳しい選択を迫られると聞く。娼婦になるか、それとも花嫁になるかの二者択一だそうだ」と話している。

http://www.excite.co.jp/News/chn_soc/20141209/Xinhua_03599.html

[ 2015/10/01 20:36 ] 国際 | TB(0) | CM(0)





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。