サイバー黙示録 2分でわかる世界 Cyber ​​Apocalypse ロシア軍事誌、中国の空母「遼寧」を酷評、「世界で最も安価、自己防衛能力はほぼゼロ」
FC2ブログ




ロシア軍事誌、中国の空母「遼寧」を酷評、「世界で最も安価、自己防衛能力はほぼゼロ」

ロシア軍事誌、中国の空母「遼寧」を酷評、「世界で最も安価、自己防衛能力はほぼゼロ」

空母



 ロシアの軍事誌Military―industrial courierは21日、中国の海軍力に関する分析で、「空母『遼寧』は世界で最も安価で、自己防衛能力はほとんどなく、戦力も弱い」と指摘した。環球網が伝えた。
 同誌は、中国の空母「遼寧」の前身はウクライナから2000万ドルで(約19億4000万円)で購入した空母「ワリャーグ」だとした上で、「世界で最も安価な空母」だと指摘。
 また、「遼寧」は理論上、J-15(殲15)戦闘機を約40機、Ka-28PL対潜ヘリを約20機搭載することが可能だが、J-15の性能は明らかに米国の戦闘攻撃機F/A-18E/Fに劣り、最新のレーダーや探知能力を有する戦闘機やヘリも配備されておらず、全体的な戦闘能力を大幅に弱めているという。
 そのため、「遼寧」は自己防衛能力がほとんどなく、低空飛行の空中目標を攻撃することしかできない。同誌は、「中国が本当に価値のある空母を建造するのは、10~20年先になる」との見方を示している。

XINHUA.JP 8月21日(水)17時46分配信 (編集翻訳 小豆沢紀子)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130821-00000028-xinhua-cn




ブログ・ランキングに参加しています。クリックお願いしますm(_ _)m
にほんブログ村 ニュースブログ 気になるニュースへ
関連記事
[ 2013/08/22 00:27 ] 国際 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kabutube.blog28.fc2.com/tb.php/1058-81604388