サイバー黙示録 2分でわかる世界 Cyber ​​Apocalypse ドイツの移民の割合、総人口の19.2%に




スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ドイツの移民の割合、総人口の19.2%に

ドイツの移民の割合、総人口の19.2%に

 ドイツの移民数は約1,530万人となり、総人口の19.2%に達している。2011年の国勢調査の結果で明らかになった。

 統計には、1955年以降にドイツに流入した移民に加え、両親もしくは片親が移民の2世や3世が含まれる。これら移民のうち60.2%は、ドイツ国籍を保有する。

 移民の96.7%はベルリンと旧西独地域に居住しており、旧東独地域に住む移民は3.3%だった。また全体の43.4%は人口10万人以上の大都市に住んでいる一方、人口1万人以下の小規模都市に住む移民は14.4%にとどまる。また15~64歳の移民のうち仕事を持つのは3人に2人で、就業率は移民以外の人口の75.9%を大幅に下回る。

 15年以上ドイツに住む移民のうち、15.5%は義務教育を受けていない。この割合はドイツで生まれた移民2世や3世に限ると5.3%に下がるが、それでも移民以外の平均2.3%と比べると高水準にある。世帯構成を見ると、移民1世帯の平均人数は3.4人と移民以外の2.7人を上回る。また一人暮らしの割合は11.6%と、移民以外の18%より低い。
http://nna.jp/free_eu/news/20140605dem008A.html




4分24秒~

 ドイツ政府は、トルコ人を国内の労働者不足を補う労働者として受け入れ始めた。しかし、彼らには独自の文化や家族がある。彼らは母国から家族を呼びよせて、定住するようになった。



 これは、震災復興やオリンピックのために、労働者が不足しているので、外国人を受け入れようと言っている、一部日本の行政や政府、政治家と同じだ。

 ドイツやフランスなど欧州で失敗している移民政策をなぜ、日本で進めようとするのか?







関連記事
オリンピックと震災復興 両方やるには人が足りない→政府、「そうだ!移民を入れよう」



ブログ・ランキングに参加しています。クリックお願いしますm(_ _)m
にほんブログ村 ニュースブログ 気になるニュースへ




関連記事
[ 2014/06/06 17:48 ] 国際 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kabutube.blog28.fc2.com/tb.php/1489-f020211d







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。