サイバー黙示録 2分でわかる世界 Cyber ​​Apocalypse 妻が浮気して妊娠した⇒浮気相手の子が自分の子に。最高裁判決




スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

妻が浮気して妊娠した⇒浮気相手の子が自分の子に。最高裁判決

妻が浮気して妊娠した子でも、夫の子供に

親子関係

 DNA型鑑定で血縁関係がないと証明されれば法律上の父子関係を取り消せるかが争われた訴訟の上告審判決で、最高裁第1小法廷(白木勇裁判長)は17日、父子関係は取り消せないとの初判断を示した。
 科学的鑑定より法律上の父子関係を優先させることが確定した。
 科学的証拠に基づいて夫と子との血縁関係が否定された場合に、民法772条の「妻が結婚中に妊娠した子は夫の子と推定する」(嫡出推定)規定の例外となるかが争点だった。
http://mainichi.jp/select/news/20140717k0000e040266000c.html


 親子関係が認定されると、扶養義務や遺産相続などにも関係しますから、衝撃的な判決だと思います。





ブログ・ランキングに参加しています。クリックお願いしますm(_ _)m
にほんブログ村 ニュースブログ 気になるニュースへ




関連記事
[ 2014/07/17 18:40 ] 社会 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kabutube.blog28.fc2.com/tb.php/1552-483594d2







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。