サイバー黙示録 2分でわかる世界 Cyber ​​Apocalypse 小保方晴子氏 再現実験に1千300万円「追加予算も…」と理研




スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

小保方晴子氏 再現実験に1千300万円「追加予算も…」と理研

すべては税金から

STAP


 理化学研究所でSTAP細胞の検証実験に参加中の小保方晴子・研究ユニットリーダー(31)。理研は、9月ごろから始まる彼女の実験室を準備中だという。だが、そこには当然経費がかかる。理研が組む予算の90%以上は税金だ。そこで理研に「どれほどの金額がかかるのか」と聞いてみると、広報担当者はこう答えた。

 「4月から進めている検証実験全体にかかる費用として、年間1千300万円の予算を組んでおります。小保方の実験参加分の費用もここから支出することになります。彼女の実験室は所内の部屋を使うため、お金はかかりません。培養器や冷蔵庫などの器具も所内のものを使い、中に何も入っていないことを確認したうえで設置します」

 小保方氏の研究チームは、昨年9月から今年3月までの約半年間で2千300万円もの予算を使ってきたという。その再現実験に1千300万円、そしてさらに追加予算も……。はたして我々の血税は、実りある結果を生むのか。

http://jisin.jp/news/2642/7477/



ブログ・ランキングに参加しています。クリックお願いしますm(_ _)m
にほんブログ村 ニュースブログ 気になるニュースへ




関連記事
[ 2014/08/04 21:49 ] 科学技術 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kabutube.blog28.fc2.com/tb.php/1585-7a0c2ccc







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。