サイバー黙示録 2分でわかる世界 Cyber ​​Apocalypse 米国、公立学校で白人が過半数割れ




スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

米国、公立学校で白人が過半数割れ

米、白人生徒 初の50%割れ 公立学校 新年度49.7%

 【ニューヨーク=吉枝道生】9月から新年度が始まる米国の公立学校で、白人の児童生徒が過去初めて半数以下となることが、米教育省の統計で分かった。マジョリティー(多数派)と呼ばれてきた白人が過半数を維持できないことになり、学校現場では呼称のあり方も議論となりそうだ。

 米教育省教育統計センターによると、小学校から高校までの児童生徒のうち、2000年に61.16%だった白人の割合が減少傾向にあり、今年9月に始まる新年度では49.70%と初めて過半数割れする見通しとなった。

 15.41%を占める黒人はほぼ横ばいだが、急増するヒスパニック(中南米系)が25.75%を占めると予測されている。ヒスパニックは00年には16.38%だったが、20年代には3割を超える見通し。公立学校では、マイノリティー(少数派)と呼ばれる白人以外が過半数を占める見込みで、同じ傾向が今後も強まっていくとみられている。

 一方、私立学校の統計でみると、11年度時点で白人が71.2%を占めており、多数派の地位は当面揺らがない。
http://www.tokyo-np.co.jp/article/world/news/CK2014083002000231.html





にほんブログ村 ニュースブログ 気になるニュースへ




引用

引用

関連記事
[ 2014/08/31 18:25 ] 国際 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kabutube.blog28.fc2.com/tb.php/1678-d0fa11f9







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。