サイバー黙示録 2分でわかる世界 Cyber ​​Apocalypse ダライ・ラマ14世「後継者は不要」「チベット仏教は一個人に依存するものではない」




スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ダライ・ラマ14世「後継者は不要」「チベット仏教は一個人に依存するものではない」

ダライ・ラマ14世「後継者は不要」「チベット仏教は一個人に依存するものではない」

ダライ・ラマ


【9月8日 AFP】チベット仏教最高指導者のダライ・ラマ(Dalai Lama)14世は、ドイツ紙とのインタビューの中で、自身を最後の指導者とするべきと述べ、故郷の地で数世紀にわたり継承されてきた宗教的伝統を終わりにすべきとの見解を示した。
 同氏は過去にも、「ダライ・ラマの目的は果たされた」と述べており、独紙「ウェルト」日曜版(Welt am Sonntag)での今回のコメントで、その意思をさらに明確にした形だ。

 英語で行われたインタビューで同氏は、「ダライ・ラマ(の伝統)はおよそ5世紀にわたり続いてきた。現在のダライ・ラマは非常に人気がある。評判の良い最高指導者がいる間に終わらせるべきだろう」と述べ、「弱いダライ・ラマが継承すれば、その伝統に傷が付く」と笑顔で付け加えたという。

 また、「チベット仏教は一個人に依存するものではない。私たちは、高度に訓練された僧侶や学者を何人も擁する非常に組織立った構造を持っている」とした。 
 1950年にチベットに派兵した中国は、翌1951年から同地を統治。ダライ・ラマ氏は1959年の民族蜂起が失敗に終わった後、インドに逃れた。
 2011年にノーベル平和賞(Nobel Peace Prize)を受賞した同氏は、すでに政治活動からは距離を置いているが、それでも国内外のチベット人に対する強力な求心力を維持しており、また民族運動の象徴として広く知られている。
http://www.afpbb.com/articles/-/3025266


ダライ・ラマの「輪廻転生」廃止発言に中国政府が反発「チベット仏教の正しい秩序を大きく破壊するものだ」


 【北京時事】チベット仏教最高指導者ダライ・ラマ14世がこのほど、独紙ウェルトとのインタビューで、チベット仏教の伝統的な後継選びの制度である「輪廻(りんね)転生」を廃止すべきだとの見解を示した。これに対し、中国政府は「チベット仏教の正しい秩序を大きく破壊するものだ」(華春瑩外務省副報道局長)と強く反発。79歳を迎えたダライ・ラマの死後をにらみ、ダライ・ラマの亡命政府側と中国政府の攻防は激しさを増している。

時事通信 9月11日(木)16時35分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140911-00000092-jij-cn



にほんブログ村 ニュースブログ 気になるニュースへ




引用

引用

関連記事
[ 2014/09/09 10:25 ] 国際 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kabutube.blog28.fc2.com/tb.php/1691-562cf27c







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。