サイバー黙示録 2分でわかる世界 Cyber ​​Apocalypse プリンタ・インクぼったくり商法が変わるか? エプソンが補充式をイギリスで発売




スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

プリンタ・インクぼったくり商法が変わるか? エプソンが補充式をイギリスで発売

プリンタインクぼったくり商法が変わるか? エプソンが補充式をイギリスで発売

エプソン


 インクカートリッジよさらば!
 日本に本社を置くプリンターメーカーのエプソンは、6500ページの印刷が可能な補充式インクを使えるプリンターを発表しました。このプリンターはインクカートリッジではなくリザーバタンク式であり、1回の充填でモノクロ6500ページ、カラー4000ページの印刷が可能です。またインクも安く設定されており、補充インクは8ポンド(1400円)で販売される予定です。本体価格は333ポンド(56,000円)、と250ポンド(42,000円)になるとのこと。

 かつて無数の人々はインクに高額な投資を行い、そして「インク切れ」という怒りの瞬間を経験してきました。

 エプソンはこのカートリッジ商法という古典的な業界に革命を起こそうとしています。同社によればインクコストは従来の1/20にまで抑えられるとのこと。特に長期的に使用するユーザーには大きな節約になると自信を見せています。


http://www.dailymail.co.uk/sciencetech/article-2778082/End-ink-cartridge-Epson-unveils-printer-refillable-TANK-print-6-500-pages-needs-refilling.html


にほんブログ村 ニュースブログ 気になるニュースへ




関連記事
[ 2014/10/03 11:35 ] 経済 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kabutube.blog28.fc2.com/tb.php/1739-7741e01a







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。