サイバー黙示録 2分でわかる世界 Cyber ​​Apocalypse 液状化訴訟で住民敗訴「予測は困難」 千葉・浦安




スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

液状化訴訟で住民敗訴「予測は困難」 千葉・浦安

液状化訴訟で住民敗訴「予測は困難」 千葉・浦安

浦安


 東日本大震災による土地の液状化で自宅が被害を受けた千葉県浦安市の住民36人が、宅地を開発・分譲した三井不動産(東京都中央区)と系列会社に計約8億4250万円の損害賠償を求めた集団訴訟の判決が8日、東京地裁であった。松本利幸裁判長は「東日本大震災のような地震が起きて液状化が発生すると予測するのは困難だった」として、住民の請求を退けた。

 問題となったのは同市入船の宅地。判決によると、同社がもともと埋め立て地だったこの土地を開発し、1981年以降、70戸の分譲地として販売した。だが、震災による土地の液状化で住宅が傾き、地面が陥没したほか、給水管やガス管が壊れる被害が出た。

 原告となったのは30戸の住民。裁判では、1964年の新潟地震以降、埋め立て地の液状化は広く知られていたことなどを根拠に「液状化は予見でき、対策をする義務があったのに怠った」と主張していた。

 これに対し、判決は「東日本大震災のように振動時間が長い地震が、液状化に影響することは震災後に研究が進んだ」と指摘。「住宅の販売時に液状化を予測するのは困難だった」と判断した。また、三井不動産が研究者の報告を元に液状化に有効とされる工法をとっていたことも挙げ、「対策が不十分だったとは言えない」とした。
http://www.asahi.com/articles/ASGB77KG8GB7UTIL05V.html


関連記事
浦安の液状化訴訟、三井不、争う姿勢


にほんブログ村 ニュースブログ 気になるニュースへ


関連記事
[ 2014/10/08 18:19 ] 社会 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kabutube.blog28.fc2.com/tb.php/1750-743d335f







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。