サイバー黙示録 2分でわかる世界 Cyber ​​Apocalypse 日韓協力委 共同声明出せない異例の結果 産経新聞支局長起訴が問題に




スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

日韓協力委 共同声明出せない異例の結果 産経新聞支局長起訴が問題に

日韓協力委 共同声明出せない異例の結果 産経新聞支局長起訴が問題に

日韓


 日本と韓国それぞれの政財界の関係者や有識者で作る両国の協力委員会が、ソウルで合同の総会を開きましたが、産経新聞の前ソウル支局長が在宅起訴された問題を受けて「報道の自由が尊重されるべきだ」という文言を共同声明に盛り込むかどうかで折り合いがつかず、声明が出せない異例の結果となりました。

 日韓協力委員会と韓日協力委員会は50回目となる合同総会を開き、両国の国会議員や企業経営者などが出席しました。
 韓日協力委員会のイ・スンユン(李承潤)元副首相が「この地域の平和と繁栄に向けてリードする役割を模索する有益な機会となるものと思います」と述べたのに対し、日本側の渡辺秀央元郵政大臣も「互いに信頼、尊敬しながら、皆さんとこれからの50年に向かって前進していきたい」とあいさつしました。
 このあと、政治・安全保障・経済の各分野で討論を行い、共同声明を採択する予定でした。
 ところが日本側出席者によりますと、パク・クネ(朴槿恵)大統領の名誉を傷つけたとして産経新聞の前ソウル支局長が在宅起訴された問題に絡み、日本側が声明に「報道の自由尊重されるべきだ」という文言を盛り込むべきだと主張したものの、韓国側がこれに応じず、共同声明は出されませんでした。
 日本と韓国の協力委員会は毎年東京とソウルで合同総会を開いていますが、共同声明が出なかったのはこれが初めてで、異例の結果に終わりました。
 また、日本側は7日、パク・クネ大統領との面会も希望していましたが、大統領府が断ってきたということで、これもソウルで開く総会で大統領が面会しないのは今回が初めてだということです。
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20141106/k10013001481000.html



にほんブログ村 ニュースブログ 気になるニュースへ
関連記事
[ 2014/11/06 19:54 ] 特定アジア | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kabutube.blog28.fc2.com/tb.php/1794-ab2b0a01







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。