サイバー黙示録 2分でわかる世界 Cyber ​​Apocalypse 『殉愛』訴訟で「委員会」が特集中止!大阪のテレビ局関係者に責任波及




スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

『殉愛』訴訟で「委員会」が特集中止!大阪のテレビ局関係者に責任波及

『殉愛』訴訟で「委員会」が特集中止!大阪のテレビ局関係者に責任波及

takajin.jpg
DVD『たかじんのそこまで言って委員会 SPECIAL EDITION III』(東宝)


 とうとう、やしきたかじんの娘から出版差し止めと損害賠償訴訟を起こされてしまった『殉愛』(幻冬舎)。百田尚樹センセイもかなり動揺しているようで、先日はツイッターに〈裁判は面白いことになると思う。虚偽と言われては、本には敢えて書かなかった資料その他を法廷に出すことになる。傍聴人がびっくりするやろうな。〉と脅しのようなつぶやきをアップしながら、なぜかすぐに削除するというドタバタを演じた。

 だが、この問題では、百田センセイ以上に動揺している人たちがいる。それは、たかじん利権に群がってきた関西のテレビ局関係者だ。

 11月23日、それを象徴するようなできごとがあった。この日、『たかじんのそこまで言って委員会』(読売テレビ)では、『殉愛』の特集が放映されることになっていた。この日の放映では、その部分がすべてカットされていたのだ。

http://lite-ra.com/2014/11/post-652.html





にほんブログ村 ニュースブログ 気になるニュースへ
関連記事
[ 2014/11/24 17:41 ] エンタメ | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kabutube.blog28.fc2.com/tb.php/1806-912e428e







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。