サイバー黙示録 2分でわかる世界 Cyber ​​Apocalypse 小保方氏 STAP細胞再現できず。実験は失敗で決着




スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

小保方氏 STAP細胞再現できず。実験は失敗で決着

小保方氏 STAP細胞再現できず。実験は失敗で決着

小保方


 17日、STAP細胞の検証実験で細胞を作製できなかったことが明らかに。日本学術会議は7月の声明で「研究全体が虚構だったのではないかという疑念を禁じ得ない」と厳しく指摘したが、小保方氏はこうした疑いを実験で払拭することはできなかった。

 STAP細胞は国内外の研究者が作製を試みたが成功したとの報告はない。STAP細胞の正体はES細胞との疑いが強まっている。小保方氏はES細胞が混入した可能性を否定したが、理研の研究者による遺伝子解析では、STAP細胞とされた細胞はES細胞に酷似しているとの結果が出た。

 著名な科学誌ネイチャーも信用させた論文中の「さまざまな種類の細胞になれる能力」の証拠写真やデータがどのように作り出されたのかは未解明のままで、謎が残る。小保方氏は「悪意のある捏造はない」と主張しているが、論文のデータと、衆人環視の下で行った実験結果の間の落差はあまりに大きい。

http://www.sankei.com/west/news/141218/wst1412180019-n1.html


小保方氏 まとめ動画




にほんブログ村 ニュースブログ 気になるニュースへ
関連記事
[ 2014/12/18 17:35 ] 科学技術 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kabutube.blog28.fc2.com/tb.php/1835-d046f0dc







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。