サイバー黙示録 2分でわかる世界 Cyber ​​Apocalypse 小保方氏「データ操作」認める発言…「これでは使えないといわれたので、操作した」




スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

小保方氏「データ操作」認める発言…「これでは使えないといわれたので、操作した」

小保方氏「データ操作」認める発言…「これでは使えないといわれたので、操作した」

小保方



 STAP論文の疑問点を調べた理化学研究所の調査委員会は26日の記者会見で、論文の図表1点について、作成に必要な作業をやっていなかったことを小保方晴子氏(31)が聞き取り調査に対して認めたことを明らかにした。

 さらに論文のデータの一つについて、小保方氏が「元のデータを(共著者に)持っていくと『これでは使えない』といわれたので、操作した」との趣旨の発言をしたとも明らかにした。

 理研の調査委に対し小保方氏は実験記録をほとんど提出しなかったといい、調査委員長の桂勲・国立遺伝学研究所所長は「記録がない可能性が高いと思っている。大変、苦労した」と述べた。

 理研はSTAP細胞は既存の万能細胞である胚性幹細胞(ES細胞)が混入したものである可能性が非常に高いとする報告書を公表したが、小保方氏を含む関係者が混入を全面的に否定したため、混入の経緯は「謎のまま残った」とし、STAP問題の全容解明には至らなかった。

http://www.sankei.com/west/news/141226/wst1412260025-n1.html



にほんブログ村 ニュースブログ 気になるニュースへ
関連記事
[ 2014/12/26 19:33 ] 科学技術 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kabutube.blog28.fc2.com/tb.php/1847-3505263f







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。