サイバー黙示録 2分でわかる世界 Cyber ​​Apocalypse 世田谷一家殺害事件の特番で犯人像の核心つく質問に「ピー音」




スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

世田谷一家殺害事件の特番で犯人像の核心つく質問に「ピー音」

世田谷一家殺害事件の特番で犯人像の核心つく質問に「ピー音」

世田谷一家


 28日放送の「世紀の瞬間&未解決事件3時間スペシャル」(テレビ朝日系)で、事件の核心に迫るであろう部分がピー音で伏せられ憶測を呼んでいる。
 同番組では、2000年12月30日に起きた「世田谷一家殺害事件」について、元FBIプロファイラーのマーク・サファリック氏が来日して、5日間に渡るプロファイリングを通し事件の真相に迫った。
 事件発生から14年が経過しようとする12月上旬に来日したサファリック氏は、事件現場や犯人の行動、遺留品、周辺での目撃情報など手がかりになるであろうあらゆる情報の収集や検証をし、犯人像を特定していった。
 サファリック氏は、犯人は被害者家族の誰かと顔見知りであった、メンタル面で問題を抱えている、強い怨恨を持っていた、と次第に犯人像を固めていった。
 番組後半、サファリック氏が犯人像に結びつくであろう核心をついた質問を、被害者家族の妻・宮沢泰子さんの姉・入江杏さんに直接訊いた。
 サファリック氏は、自身が考える犯人像を入江さんに丁寧に説明したうえで、被害者家族の誰かが恨みを買い、犯人が恨みを晴らす唯一の方法が、家族全員を殺害することだったと説いた。
 これに対し入江さんは、恨まれている節はなかったと感じると応え、さらに金銭や男女関係のトラブルも一切なかったと話した。
 しかし、この後放送では「サファリックの質問。それは犯人像の核心をつくものだった」とナレーションが当てられ
「○○○へ行ったり。そのような接点は考えられますか?」と、サファリック氏が質問した○の部分の音声にはピー音が、さらにテロップでは「重要な見解」と記され伏せられた。
 入江さんが「考えられないでもない」と答えると、ナレーションが入り「サファリックの質問で伏せられた部分には特定のキーワードが含まれるため放送は控えるが」と、伏せた理由を説明した。
 さらに入江さんが「礼くんの発達障害を気にかけて…」と続けた場面で、その先の発言が伏せられた。ナレーションでは、「具体的な発言のため放送を控えるが、入江さんには思い当たる節もあるという」と、説明があった。
 そして、サファリック氏は入江さんに「犯人の奇妙な行動は私が過去に取り扱ったケースの行動データと一致します」と、語り犯人像の特定に自信をみせた。
 番組ではサファリック氏のプロファイルによる犯人像を「1つの可能性として警視庁に伝える」ことや、番組エンディングは事件の特捜本部の連絡先を映し出して情報提供を呼びかけた

2014年12月30日 15時41分
http://news.livedoor.com/article/detail/9628886/



にほんブログ村 ニュースブログ 気になるニュースへ
関連記事
[ 2014/12/30 22:26 ] 社会 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kabutube.blog28.fc2.com/tb.php/1856-527a1a7d







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。