サイバー黙示録 2分でわかる世界 Cyber ​​Apocalypse 大阪橋本市長 ヘイトスピーチ裁判の訴訟費用は市が負担します どんどん裁判して




スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

大阪橋本市長 ヘイトスピーチ裁判の訴訟費用は市が負担します どんどん裁判して

極端な在日優遇策

橋下_R


 街宣活動で民族差別をあおる「ヘイトスピーチ」(憎悪表現)をめぐり、大阪市の検討部会は16日、市の審査委員会が独自調査でヘイトスピーチを認定した上で、ホームページで認定内容を公表したり、「被害者」への訴訟費用を支援したりすることを盛り込んだ最終報告案をまとめた。2月に同案に基づく答申が橋下徹市長に提出されるが、橋下市長は同日、12月までの任期中に制度化する方針を示した。

 橋下市長からヘイトスピーチ抑止策の答申を求められた市人権施策推進審議会が昨年10月、弁護士らによる検討部会を発足させ、具体策を議論していた。

 同案では特定の人種、民族への憎悪や差別をあおるメッセージを、街宣活動やインターネットを通じて不特定多数に伝える行為をヘイトスピーチと定義。大阪市内で行われた表現行為に関する相談を市が受けつけ、弁護士や有識者で作る審査委がヘイトスピーチに該当するか判断する。

 ヘイトスピーチと認定した場合の対応として、市のホームページで表現内容の公表、人権侵害を受けた市内在住者への訴訟費用支援が盛り込まれた。

 訴訟費用支援は貸与の形をとるが、裁判でヘイトスピーチが認定された場合には返還を求めない。認定されなかった場合は審査委が判決内容を踏まえて返還を求めるか判断していくとした。この点について橋下市長は記者団に「敗訴判決であっても訴訟費用の免除はありうる」と述べた。

 市によると、同案の定義に基づけば、風刺画を市内で目立つように掲げる行為、映画の市内での上映も差別を助長する可能性がある場合には審査の対象にはなりえる。憲法で表現の自由が保障される中で、自治体側が多様な表現をヘイトスピーチかどうかを判断する作業は困難も予想され、市幹部は「個別の事案ごとに判断するしかない」と述べた。

http://www.sankei.com/west/news/150116/wst1501160076-n1.html



にほんブログ村 ニュースブログ 気になるニュースへ
関連記事
[ 2015/01/17 11:04 ] 国内政治 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kabutube.blog28.fc2.com/tb.php/1869-1acb8d01







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。