サイバー黙示録 2分でわかる世界 Cyber ​​Apocalypse 反撃を恐れ、原発再稼動反対訴訟から住民が離脱




スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

反撃を恐れ、原発再稼動反対訴訟から住民が離脱

巨額賠償恐れ周辺住民ら仮処分申請から離脱、九州電力が「遅延1日当たり約5億5千万円」の準備

川内原発



 九州電力川内原発(鹿児島県薩摩川内市)の再稼働差し止めを求めた仮処分申請で、周辺住民ら23人のうち約10人が申し立てを取り下げたことが17日、弁護団などへの取材で分かった。仮処分が認められても、本訴訟で敗訴すれば、九電が再稼働の遅れで生じた損害を賠償請求できるためで、こうした仕組みの見直しの是非が議論になりそうだ。

 仮処分は昨年5月、川内原発の運転差し止めを求めている原告団のうち、鹿児島、熊本、宮崎3県の計23人が鹿児島地裁に申し立てた。

 仮処分が認められた場合、再稼働は遅れ、現在続いている運転差し止め訴訟で住民側が敗訴すれば、九電は仮処分の申立人に損害賠償を請求できる。

http://www.daily.co.jp/society/science/2015/01/17/0007665932.shtml

川内原発2





にほんブログ村 ニュースブログ 気になるニュースへ
関連記事
[ 2015/01/18 07:51 ] 原発 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kabutube.blog28.fc2.com/tb.php/1870-ff28832c







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。