サイバー黙示録 2分でわかる世界 Cyber ​​Apocalypse 小保方氏 懲戒解雇 研究費返還と刑事告訴も




スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

小保方氏 懲戒解雇 研究費返還と刑事告訴も

小保方氏 懲戒解雇 研究費返還と刑事告訴も

小保方_R

 STAP細胞論文問題をめぐり、理化学研究所が、10日午後、論文の不正を認定された小保方晴子元研究員について、「懲戒解雇」処分に相当すると発表することがわかった。
 小保方氏は、すでに理研を依願退職しているが、複数の政府関係者によると、理研は小保方氏が「懲戒解雇」処分に相当すると判断したという。10日午後3時から記者会見して、この処分を発表する。理研は、STAPの論文には、小保方氏の捏造(ねつぞう)と改ざんがあると認定していた。

http://www.fnn-news.com/news/headlines/articles/CONN00286109.html


 理化学研究所は10日、小保方晴子氏に対し、刑事告訴と研究費返還請求を検討していることを明らかにした。理研の加賀屋悟・広報室長は記者会見で「弁護士などにアドバイスをもらいながら検討している。1、2カ月以内には結論を出したい」と話した。
 研究費の返還範囲について、加賀屋室長は「少なくとも検証実験にかかった1500万円と若山(照彦)研究室にいたときの研究費が返還の対象になる」と述べた。

http://www.nikkei.com/article/DGXLASGG10H3G_Q5A210C1000000/


STAP論文 「小保方氏解雇」に効力なく 理研、形式的処分で幕引き

 「幕引きを図るつもりはない」。理化学研究所の加賀屋悟広報部長は10日、文部科学省で行った記者会見で、こう話した。しかし、小保方晴子氏の「懲戒解雇相当」に効力はなく、研究不正の追加調査や理事の処分は行わないという。責任の所在があいまいなまま、形式的な処分でSTAP問題は終結しそうだ。(産経新聞)
http://news.yahoo.co.jp/pickup/6149195






にほんブログ村 ニュースブログ 気になるニュースへ
関連記事
[ 2015/02/10 15:32 ] 科学技術 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kabutube.blog28.fc2.com/tb.php/1897-c97ca336







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。