サイバー黙示録 2分でわかる世界 Cyber ​​Apocalypse メジャーリーグ史上、前代未聞の投球フォームの投手が登場して物議を醸す




スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

メジャーリーグ史上、前代未聞の投球フォームの投手が登場して物議を醸す

メジャーリーグ史上、前代未聞の投球フォームの投手が登場して物議を醸す


 イチローが所属するマイアミ・マーリンズの常識を覆す投球フォームからボールを繰り出すカーター・キャップスという投手が登場し驚きを持って迎えられている。
 キャップスの投球は通常の振り被ったフォームから投げる寸前軸足をプレートでワンステップ踏み外して投げるという「2ステップ投法」という摩訶不思議なもの。
 ネット上でも「これダメじゃね?」「足首大丈夫なの?」と言った意見が、野球のルール的には「投球動作開始時にプレート付いていれば問題なし」とあり完全にルールの抜け穴といえる投球フォーム
 150年を超えるMLBの歴史でもこの発想は誰も思いつかなかったことを考えると、野球の歴史を変えるか?という快挙ではあるが、実際キャップスがこのスタイルで通用するかが見ものである。




http://m.mlb.com/video/topic/21753540/v73287783/miaatl-capps-hopstep-delivery-analyzed





にほんブログ村 ニュースブログ 気になるニュースへ
関連記事
[ 2015/04/18 12:55 ] エンタメ | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kabutube.blog28.fc2.com/tb.php/1964-19f70672







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。