サイバー黙示録 2分でわかる世界 Cyber ​​Apocalypse 入れ墨お断り…浅草 三社祭「宮出し」氏子の手に戻る




スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

入れ墨お断り…浅草 三社祭「宮出し」氏子の手に戻る

入れ墨お断り…浅草 三社祭「宮出し」氏子の手に戻る

三社祭り_R_R


 15日から始まる東京・浅草の「三社祭」で、神様が乗った本社神輿(みこし)3基を境内から担ぎ出すメイン行事の「宮出し」が、約半世紀ぶりに本来の姿である氏子たちの手だけで行われることになった。

 数百年の歴史の中で、近年は暴力団関係者の関与が問題化し、2008年には宮出しが中止に追い込まれたが、主催者側は、「多くの人が楽しめる、祭り正常化の大きな一歩」と受け止めている。

 毎年150万人以上が訪れる祭りで、最高の盛り上がりを見せるのが最終日の17日。3基の本社神輿が浅草神社の境内から担ぎ出される「宮出し」は、44町会の氏子の手で厳かに境内から担ぎ出され、その後、各町を巡る「神輿渡御(とぎょ)」に移るのが本来の姿だった。

 だが、地元の担ぎ手が減った1960年代、各町会が全国の愛好家らに担ぎ手を募って以降、一般の担ぎ手が、それぞれ多数の「同好会」を作り、一部に暴力団関係者が入り込んだ。

 クライマックスの宮出しでも、上半身裸、全身入れ墨の男たちが、神聖な神輿に乗って威勢を張る姿が常態化。氏子がはね飛ばされる事態も相次いだ。

三社祭1



 さらに、一部の同好会では、組名の入ったはんてんを売ったり、特定の人に担がせたりするなど、祭りが暴力団の資金源となっているとの指摘もあった。祭りは、高い人気を誇る一方、神社を支える氏子たちが全く担げず、主催者側が管理できない状態が続いた。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150513-00050114-yom-soci



にほんブログ村 ニュースブログ 気になるニュースへ
関連記事
[ 2015/05/13 19:57 ] 社会 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kabutube.blog28.fc2.com/tb.php/2015-e139a1fb







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。