サイバー黙示録 2分でわかる世界 Cyber ​​Apocalypse CBSがNYTのネイルサロン報道をテレビで取り上げ、さらに拡散




スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

CBSがNYTのネイルサロン報道をテレビで取り上げ、さらに拡散

CBSがNYTのネイルサロン報道をテレビで取り上げたニダ!

Salon Secrets
コリアン経営者は残業代を全く支払わないと訴えるネイリスト

Sarah Maslin Nir
NYタイムスのサラ・マスリン・ニア(Sarah Maslin Nir)記者の証言


 ニューヨーク・タイムスの調査報道で触発されたネイル業界の問題が地上波放送でも後続報道が続くなど波紋が広がっている。
 CBS-TV(NBC、ABCと並ぶ3大ネットワーク。本社ニューヨーク市)は15日朝、番組『ディスモーニング』(This Morning)でニューヨークネイル業界の弊害を診断する『Salon Secrets(ネイルサロンの秘密)』という報道をした。2分46秒のこの報道は、2度にわたるニューヨーク・タイムスの特集記事を事実上再確認し、ニューヨーク州の大々的な取り締まり方針を予告した。
 特にCBSはあるネイルサロンで事業主がオーバータイム手当てを全く支払わないという美容師の証言を伝え、調査報道の主役ニューヨーク・タイムスのサラ・マスリン・ニア(Sarah Maslin Nir)記者とのインタビューも入れて目を引いた。
 タイムスの報道と関連し、ニューヨークの韓国人ネイル業界をはじめとする韓国人社会は訂正報道と謝罪を要求しているが、むしろネイル業界の問題が他のメディアに広がる苦しい状況に追い込まれている。

 特に今回の報道は、同じ生活圏であるニュージャージーとコネチカットの韓国人業界にも大きな影響を及ぼすと予想される。CBSのように他の主流メディアが関心を持って後続報道を準備するなど、アメリカ全域の韓国人ネイル業界に波及効果を与える可能性も提起されている。

 韓国人社会の一部では、労働法違反など従業員の人権に焦点を合わせた今回の報道が、ヒスパニック系従業員を多く雇用している韓国人のビジネス全般にわたって一波万波の波紋を及ぼす可能性があると神経を尖らせている。

 ニューヨークの韓国人社会は、ニューヨーク・タイムスが去る7日に第1弾記事で言及した韓国人ネイルサロンの“人種別階級制”と他民族従業員に対する賃金未払い、人権無視などは事実関係が確認されないものであり、全韓国人サロンに被害を与える悪質な報道と非難している。
http://www.newsis.com/ar_detail/view.html?ar_id=NISX20150516_0013665877&cID=10104&pID=10100


続報

ニューヨーク州知事、ネイル業界の規制強化案準備

NYタイムズ


 最近、米国ニューヨークの在米韓国人たちの反発を買ったネイルサロン労働者虐待の論争の中で、業界の慣行を変える法律が導入される見通しだ。
 米国、日刊紙ニューヨーク・タイムズ(NYT)は、ネイルサロン労働者が低賃金、人種差別、有害化学物質に脅かされているという自社報道と関連、アンドリュー・クオモ・ニューヨーク州知事が総合対策を盛り込んだ法案を18日(現地時間)、州議会に提出することにしたと17日報道した。
 法案の骨子は、事業主に対する処罰強化、マニキュアリスト(爪の美容師)の資格条件の緩和、産業安全基準の強化などだ。ニューヨーク州当局は、法規違反が摘発される事業主に罰金を課することから営業場閉鎖まで制裁を加える権限を得る。




関連記事
NYタイムズのコリアン批判記事に、ニューヨーク韓国人ネイル協会が火病



にほんブログ村 ニュースブログ 気になるニュースへ
関連記事
[ 2015/05/18 20:35 ] 国際 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kabutube.blog28.fc2.com/tb.php/2039-2892055d







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。