サイバー黙示録 2分でわかる世界 Cyber ​​Apocalypse ニューヨーク、コリア・センター建設業者から、韓国系企業を排除で火病




スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ニューヨーク、コリア・センター建設業者から、韓国系企業を排除で火病

ニューヨーク、コリア・センター建設業者から、韓国系企業を排除で火病

ニューヨーク・コリア・センター完成予想図
ニューヨーク・コリア・センター完成予想図


 韓国メディア・ニューシスによると、ニューヨーク韓国文化院は14日、“韓国文化の世界進出のハブ”になると期待されるニューヨーク・コリア・センター(ニューヨーク観光文化センター)の第6次入札を公告した。
センターはこれまで、あまりにも安過ぎる工事費や韓国系業者を事実上締め出す入札資格の設定などのために入札不調が続いており、建設が実現するかどうかが注目されている。

 マンハッタンのコリアンタウン近くに建設が予定されているニューヨーク・コリア・センターは、地下1階、地上7階建てで、延べ床面積3212平方メートル。韓国的な色彩の外観と公演会場、韓流体験館、展示室、図書資料室、韓国語教室、韓国伝統庭園などを備える。韓国文化院や韓国観光公社、韓国コンテンツ振興院などが入居し、韓国文化や慣行を総合的に紹介する拠点になる。韓国政府は2009年3月に敷地を買収し、当初は2014年8月に竣工させる計画だった。

 ところが、過去5回の入札は「過度に低い工事費」のためにいずれも落札されなかった。
 また、入札資格の「米国で最近10年以内に1件の工事金額300億ウォン(約33億円)以上の建築工事竣工実績がある業者」という条件に、在米韓国人社会が「事実上、韓国系建設会社の参加を阻むもの」と反発、要件の緩和を求めていた。
 今回の入札では、問題の工事費は前回よりも80億ウォン上乗せされて392億ウォンとなったが、入札資格については見直されなかった。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150518-00000003-xinhua-cn




にほんブログ村 ニュースブログ 気になるニュースへ
関連記事
[ 2015/05/18 20:47 ] 国際 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kabutube.blog28.fc2.com/tb.php/2040-f22eb27d







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。