サイバー黙示録 2分でわかる世界 Cyber ​​Apocalypse 旧ソ連のシンボル・記念碑を禁止 新法「脱共産主義法」発効




スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

旧ソ連のシンボル・記念碑を禁止 新法「脱共産主義法」発効

旧ソ連のシンボル・記念碑を禁止 新法「脱共産主義法」発効

キエフ_R_R
破壊される予定のソ連時代のシンボル 片手だけで13トン(キエフ)


 【モスクワ=遠藤良介】ウクライナで21日、旧ソ連体制をナチズムと並んで「犯罪的」とし、共産主義の流布やシンボルの使用を禁じる通称「脱共産主義法」が発効した。

 新法は「槌と鎌」をあしらった旧ソ連の国章などの使用を禁じ、レーニンら共産党指導者の記念碑は撤去対象とした。共産主義を流布する政党やマスコミの認可は取り消すことができるとしている。第2次大戦期に対ソ連パルチザン闘争を行い、ロシアが「ナチスの協力者」と非難するウクライナ蜂起軍(UPA)は顕彰対象とした。

 新法制定の背景には、ロシアの介入したウクライナ東部での紛争を受け、とりわけ同国西部で反露感情が高まっている事情がある。ただ、東部にはソ連時代への郷愁を抱く住民が多いため、新法が国民の「東西分断」を深め、ロシアの干渉を招くことも懸念されている。
http://www.sankei.com/world/news/150521/wor1505210058-n1.html


 いっぽう、対抗するようにロシアでは、、、、


プーチン大統領の胸像がまるでローマ帝国皇帝と話題に


プーチン


【5月18日 AFP】ロシアのウラジーミル・プーチン(Vladimir Putin)大統領の支持団体は17日、ローマ皇帝の衣装をまとった威厳あるプーチン大統領の胸像を公開した。

 このブロンズ風の胸像は、プーチン大統領の出身地サンクトペテルブルク(Saint Petersburg)から約20キロ離れた、コサックの団体が所有する土地に建てられたもので、高さは約50センチ。胸当てを着け、ひだの寄ったトーガ(古代ローマの一枚布の外衣)を身に着けたプーチン大統領を表現している。彫刻家のパベル・グレシニコフ(Pavel Greshnikov)氏が、人工樹脂を使って制作した。

 サンクトペテルブルク郊外で活動するコサック団体の代表は、「クリミア半島をロシアに取り戻した征服者であり優れた指導者であるウラジーミル・プーチンの姿を永遠にとどめたかった」としている。コサックは、ロシア帝国の国境警備に当たった騎馬民族を祖先に持ち、ロシア政府に対する忠誠心が非常に高い。
http://www.afpbb.com/articles/-/3048913




にほんブログ村 ニュースブログ 気になるニュースへ


関連記事
[ 2015/05/26 22:00 ] 国際 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kabutube.blog28.fc2.com/tb.php/2071-6acb6588







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。