サイバー黙示録 2分でわかる世界 Cyber ​​Apocalypse 日米韓はもうだめ。これからは、日米豪




スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

日米韓はもうだめ。これからは、日米豪

日米韓はもうだめ。これからは、日米豪

日米豪



 韓国・聯合ニュースは20日、米シンクタンクが最近、日米韓3か国の安保協力の限界を指摘し、代わって日米豪3か国による協力の重要性を指摘する報告書を作成したと報じた。記事は「このような主張の裏には、韓国が中国に傾き、安全保障協力対象から除外すべきだという『コリア・パッシング』論が作用していると見られ、注視する必要がある」と警戒を呼びかけている。

 問題の報告書は、ワシントンの民間シンクタンク「スティムソン・センター」が出版した「日米豪安全保障協力:展望と課題」で、筆者は駐米日本大使館政務専門調査員の経歴がある辰巳由紀主任研究員。

 報告書は、日米韓の協力について「韓国と日本の政治的緊張が、歴史的に緊密な安全保障協力を作り出すことを妨げてきた。昨年12月には日米韓情報共有協定に署名したが、3か国が安全保障協力を制度化するには道は遠い」と評価した。さらに、1999年に作られた日米韓三国調整監視グループ(TCOG)が「2000年代半ばに有名無実化された」ことなどを取り上げ、「地政学的論理に基づいて、日米韓3か国協力を強化しなければならないという主張は、政策の実行段階で失敗した」と指摘している。

http://www.focus-asia.com/socioeconomy/photonews/415644/

関連記事
[ 2015/06/10 19:59 ] 国際 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kabutube.blog28.fc2.com/tb.php/2104-7fa20c8d







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。