サイバー黙示録 2分でわかる世界 Cyber ​​Apocalypse 「難民には、最低3年間生活や仕事を保障すること」 イタリアが悲鳴




スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

「難民には、最低3年間生活や仕事を保障すること」 イタリアが悲鳴

「難民には、最低3年間生活や仕事を保障すること」 イタリアが悲鳴


イタリア難民


 EUにはこんなルールもある。ビザを持たない難民が漂着した最初の国は、受け入れて最低3年間の居住許可証や社会保障を自国民並みに保証し、働く権利を与えなくてはいけないのだ。

こうしたのジレンマに陥っているのが、これまで17万人もの難民が漂着しているイタリアである。市民の不満が噴出し「まるで侵略だ」とデモが相次いている。困った政府は受け入れを分担制にするようEUに申し入れた。EUも打開に向けて、難民のうち4万人をEU加盟国のGDP(国内総生産)に応じ受け入れる「割り当て案」を打ち出した。
http://www.j-cast.com/tv/2015/06/26238791.html?p=all



この結果




EU首脳会議、難民6万人の自主的受け入れで合意 強制力なし


[ブリュッセル 26日 ロイター] - 欧州連合(EU)首脳会議は26日未明、北アフリカや中東から地中海を渡り欧州を目指す難民が急増している問題を協議し、現在イタリアとギリシャにいる4万人とEU外に滞在している2万人の合計6万人の難民を自主的に各国が分担して受け入れることで合意した。

 難民対策としては当初、国ごとの割当人数を決め、各国が義務的に受け入れることが提案されていたが、ポーランドやチェコ、スロバキア、ハンガリーなどが反対。首脳会合では自主的な受け入れで合意した。

http://jp.reuters.com/article/topNews/idJPKBN0P60CP20150626



 このまま移民・難民がEU各国に増えると、その移民が子供をたくさん生んで、ヨーロッパはイスラム教徒が多数の国になる。
 ヨーロッパのキリスト教文化は破壊され、街中にモスクができる。スラムも増える。
 その反動で白人の極右政党が躍進する。社会がもっと混乱する。
 ここまで、20年くらいか? 20年後、ヨーロッパの街は、いまとは全然違うものになっているだろう。

 イギリスはEUを離脱しているかも。他のEU諸国は離脱できなくて、さぞ困ることに。

 中東、北アフリカの国は、政情混乱が長期化して、ますまず貧しい国に。はたまた、軍事政権に。紛争も増える。

 経済的に勝ち組のドイツも無傷でいられるのか?

 想像、連想、予測するしかないが、20年後、EUの国柄が劇的に変容していることには、間違いない。
 近代、植民地主義で搾取して発展したヨーロッパに、膨大がツケがまわってくる。



関連記事
[ 2015/06/27 01:28 ] 国際 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kabutube.blog28.fc2.com/tb.php/2154-2838d0e7







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。