サイバー黙示録 2分でわかる世界 Cyber ​​Apocalypse 抗日勝利を祝う必要はない 台北市の柯文哲市長が神対応




スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

抗日勝利を祝う必要はない 台北市の柯文哲市長が神対応

抗日勝利を祝う必要はない 台北市の柯文哲市長が神対応

台北市 柯文哲市長
台北市 柯文哲市長

 台湾で抗戦勝利70周年の記念行事は「不要」とする声が高まっている。1945年の連合軍による大空襲の被害者であるとの立場から、抗日勝利を祝う必要はないというものだ。7日付で環球網が伝えた。
 台北市の柯文哲市長は「抗日の何を祝おうというのか」と一蹴し、日本が降伏した記念の地とされる「中山堂」で予定されていた記念イベントを中止した。台湾では今、抗戦勝利記念の「不要論」が広がっている。

 これに対し、6日付の台湾紙・聯合報は、「連合軍による空襲は、台湾人民ではなく植民侵略者である日本の在台湾機関を標的としたもの」とし、「日本が植民支配者であり、戦争の発動者であることを忘れたのか。台湾が日本の植民統治から脱け出せたのも、抗日戦争に勝利したからだ」と反論した。
http://www.focus-asia.com/socioeconomy/photonews/422805/


関連記事
[ 2015/07/08 15:37 ] 国際 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kabutube.blog28.fc2.com/tb.php/2183-22fde160







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。