サイバー黙示録 2分でわかる世界 Cyber ​​Apocalypse 新国立、開閉屋根を断念…工費1千億円台半ばに




スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

新国立、開閉屋根を断念…工費1千億円台半ばに

新国立、開閉屋根を断念…工費1千億円台半ばに

 政府は28日、建設予定費がかさんで見直すことになった新国立競技場の計画について、開閉式屋根の設置を見送るほか、スポーツの歴史を伝える図書館、フィットネスジムなどの商業施設の整備も断念することを決めた。

 簡素化により、2520億円まで膨らんだ総工費を1000億円台半ばまで圧縮したい考えだ。

 2020年東京五輪・パラリンピックのメイン会場となる新国立競技場の開閉式屋根は、天候に左右されずにコンサートなど様々なイベントを開催し、大会後の安定的な収益確保のためにと計画されていた。白紙撤回された旧計画でも、五輪後に設置する予定だったが、開閉式を前提とした場合、前提としない場合よりも工費がかかると見込まれていた。ただ、観客席の上部には、固定式屋根を設置する方針だ。

http://www.yomiuri.co.jp/politics/20150728-OYT1T50155.html


 1000億円半ばって、いくら? 1500億円? まだ、十分に高いな。図書館だの、フィットネス・ジムだの、そんなものまで、計画に入っていたのか・・・・アンビリ。
関連記事
[ 2015/07/29 07:27 ] 国内政治 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kabutube.blog28.fc2.com/tb.php/2212-22b40719







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。