サイバー黙示録 2分でわかる世界 Cyber ​​Apocalypse パク・クネ大統領の妹 「日本に謝罪を求め続けるのは不当だ」




スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

パク・クネ大統領の妹 「日本に謝罪を求め続けるのは不当だ」

朴槿令(パク・クンリョン)氏「慰安婦問題、日本に謝罪を要求し続けるのは不当」靖国参拝については「内政干渉だ」

朴槿令(パク・クンリョン)氏 (左)
朴槿令(パク・クンリョン)氏 (左)


 2015年7月30日、韓国・TV朝鮮によると、韓国の朴槿恵(パク・クネ)大統領の妹である朴槿令(パク・クンリョン)氏が、旧日本軍慰安婦問題について「謝罪を要求し続けるのは不当だ」と発言し、韓国内で物議を醸している。

 を訪問中の槿令氏はこのほど、日本メディアとの特別対談で、「日本は慰安婦問題について、天皇を含め4度も公式に謝罪した。日本に謝罪を要求し続けるのは不当だ」と述べた。
また、靖国神社参拝問題については「内政干渉だ。悪い人だから墓参りに行かないというのは人の道に反している」との立場を示した。

また、姉の朴大統領について、「父親の朴正煕(パク・チョンヒ)元大統領に対する親日騒動のせいで、日本に対して強硬な立場を取るようになった」と述べた。

http://www.recordchina.co.jp/a115304.html





関連記事
[ 2015/07/30 15:52 ] 特定アジア | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kabutube.blog28.fc2.com/tb.php/2222-6226c18f







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。