サイバー黙示録 2分でわかる世界 Cyber ​​Apocalypse 豪州初の慰安婦像認めず=シドニー近郊の市が議決




スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

豪州初の慰安婦像認めず=シドニー近郊の市が議決

韓国系議員を除く全員が設置に反対

豪ストラスフィールド市
豪ストラスフィールド市

 【ストラスフィールド(オーストラリア東部)時事】豪州最大都市シドニーの近郊にあるストラスフィールド市の議会は11日、旧日本軍の従軍慰安婦問題を象徴する少女像について、設置を認めないことを議決した。
 
 ストラスフィールド市は人口4万人弱のうち中国系が2割、韓国系が1割を占め、影響力が強い。中韓の市民団体は連携し、豪州初となる慰安婦像を同市内の広場に建立後、シドニーなどにも設置する計画だった。今回拒否されたことで、国内での像設置は難しくなった。
 市議らは像が「地域社会の分断を招き不適切」「市の指針に合致しない」と判断。6人全員が同意した。住民の関心は高く、約300人が傍聴に詰めかけた。 

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150811-00000141-jij-asia


関連記事
[ 2015/08/12 22:25 ] 国際 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kabutube.blog28.fc2.com/tb.php/2235-8e015765







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。