サイバー黙示録 2分でわかる世界 Cyber ​​Apocalypse エドワード・ルトワック博士が分析する中国という国




スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

エドワード・ルトワック博士が分析する中国という国

中国は国力の増大が、国境を変えると信じているし、それが正しいと思っている。
対抗するには、周辺国のコアリション【coalition】(連合)が必要



エドワード・ルトワック
エドワード・ルトワック博士


 2011年の時点での、博士が見た中国

①国力の増大が、国境を変えると信じている。
②陸・海・空軍は、それぞれ予算拡大と利権拡大しか考えていない。三軍の一体感はまるでなし。
③南シナ海での小競り合い程度は、人民の愛国心を駆り立て、優秀な人材が集まるので歓迎。
④中国を封じ込めるためには、経済的に敵対することが、必要。戦争は現実的ではない。
⑤中国に対抗するために、南アジア諸国の連帯が必要。
⑥ロシアが中国についたら、中国の勝ち。
⑦ロシアが日本と仲良くなり、天然ガスパイプラインなど敷設したら、中国の負け。




関連記事
[ 2015/10/21 01:01 ] 国際 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kabutube.blog28.fc2.com/tb.php/2263-7783b6b8







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。