サイバー黙示録 2分でわかる世界 Cyber ​​Apocalypse 伊藤貫氏「米中衝突は起こらない」




スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

伊藤貫氏「米中衝突は起こらない」

伊藤貫氏「米中衝突は起こらない」



理由① アメリカの政治家に献金している金持ちは、中国で儲けているから。
   ② サイバー戦争、宇宙空間戦争で、中国の戦力が大きすぎるから。
だそうです。

しかし、当ブログでは、いくつかの反論・疑問があります。

① 戦争するとお互いのダメージが大きすぎて戦争できないケースは、冷戦下の米ソ関係でも同じだった。しかし、アメリカは武力を使わずにソ連に勝利している。中国に対しても、武力以外で対抗するかもしれない。武力衝突だけが戦争ではない。

② 伊藤氏が言うアメリカの金持ち支配層のゴールドマン・サックスは中国投資から既に全面撤退している。

③ 戦争できないのは、むしろ中国側。中国共産党の幹部はアメリカに資産を移し、子息親族を移住させている。もし、戦争になれば、アメリカにある中国人資産が真っ先に凍結される。ゆえに中国はアメリカと戦争できない。

④ アメリカが100年前から清、中国と仲が良く、米中一緒になって、日本に敵対してきたのは事実。しかし、ピルズベリーの指摘で、アメリカ政府の中国観は180度変わってきたのではないか。


関連記事
米国は、中国に対する戦略を大幅に見直し。「中国は打ち負かす相手」

【何をいまさら】アメリカの対中政策は間違っていた





関連記事
[ 2015/11/21 23:36 ] 国際 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kabutube.blog28.fc2.com/tb.php/2270-ac06748a







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。