サイバー黙示録 2分でわかる世界 Cyber ​​Apocalypse 中国の緑化、日本政府が100億円拠出へ 税金を中国にバラまく自民党




スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

中国の緑化、日本政府が100億円拠出へ 税金を中国にバラまく自民党

中国の緑化、日本政府が100億円拠出へ 税金を中国にバラまく自民党


 政府は3日、中国で植林・緑化事業を行う民間団体を支援する「日中緑化交流基金」に対し、100億円弱を拠出する方針を固めた。

 2015年度補正予算案に盛り込む。民間交流を通じ、両国の関係改善につなげる狙いがある。

 同基金は、小渕恵三首相(当時)が主導し、1999年に日本政府が100億円を拠出して創設された。中国で植林・緑化事業に携わる日本の民間団体の経費などを助成し、毎年約1000万本、計約6万5000ヘクタールの植林が行われたという。植林などにより、発がん性の微小粒子状物質(PM2・5)が中国から飛来する「越境汚染」の低減が期待されている。

 ただ、基金は今年度末で10億円程度に減少する見込みで、活動の先細りが懸念されていた。日本政府は創設当時の規模に基金を積み増し、中国側の資金提供も受けて、日本国内や東南アジアなどでの事業拡大も検討する考えだ。

http://www.yomiuri.co.jp/eco/20151203-OYT1T50213.html
関連記事
[ 2015/12/04 13:36 ] 国内政治 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kabutube.blog28.fc2.com/tb.php/2275-c369b9a3







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。