サイバー黙示録 2分でわかる世界 Cyber ​​Apocalypse 2016年は株安になる10の根拠




スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

2016年は株安になる10の根拠

2016年は株安になる10の根拠

・オイル・マネーの代表、サウジアラビアの財政が赤字なこと。
・サウジとイランで中東の覇権争い。双方がそれぞれの武装勢力を支援。
 サウジは軍事を米軍に頼っていたのに、独自でイエメンに軍事介入。財政難なのに軍事費負担が増していること。
・サウジとイランの争いで、原油生産チキン・レースになっていて減産できないこと。
・アメリカが原油生産量世界1位で、来年は輸出も始めること。原油は供給過多状態が続く。
・原油の価格は来年も上がりそうにないこと。シェール・オイル、ガスは原油価格60ドルが採算ラインと
 言われていたが、どうも情報操作だった模様。30ドルでも採算がとれる。
・FRBの利上げ開始で、新興国、資源国通貨が安くなること。新興国は購買力を失う。
・FRB利上げで、新興国、資源国から投資資金がレパトリすること
・原油、資源安で資源国の景気が減速し、アメリカ経済も影響を受けること
・FRBの利上げの根拠は、アメリカ好景気を理由(一部では、ラスベガスの好景気を判断材料としたという指摘もある。)
 としているが、単にメンツだけかもしれないこと。
 金利が0ということは、FRBの存在価値がないという議論が根底あること。
・石油産油国の財政悪化で、オイル・マネーが世界の市場から引き上げていること
 880兆円とも言われるオイル・マネーがどんどん縮小している。
 株の上値を買ってくれるオイル・マネーがなければ、株は上がらない。

以上、10の根拠により、2016年は株安です。
いえ、すでに始まっているかもしれません。

日本について

・主要国で中央銀行が株を買うという愚行をしている日銀の出口戦略が株安につながる。
 (これに関しては、先物を購入してSQ決済していれば問題ないのに、日銀はデリバティブをまったく理解していない)日銀は、2016年4月から、保有する銀行株を売ることを公表した。
・12月18日の日銀政策決定会合の結果を見る通り、金融緩和策は現状維持で限界に達してるっぽい。
・総選挙の年は株が高いというアノマリーが今回は通用しない
 感謝祭から大納会まで、株価が高いというアノマリーがすでにダメっぽい。
・投資先を失った世界の投資マネーが、空売りやプット買いといった前代未聞の行動にでる可能性がある。


年明け、早い時期にダウが暴落するという方を紹介します。
どういう人物なのか、あまり知りませんが・・・





アメリカ利上げや中東情勢に関して、青山繁晴氏の解説。
氏は日本ラブなので、世界がダメな中、日本にチャンスというスタンス。





経済学者 小幡績氏
株価大暴落でもアメリカが「利上げ」する理由



サウジ系、日本株運用縮小 上場企業の「大株主」半減
2015/12/10 2:00日本経済新聞 電子版
http://www.nikkei.com/article/DGXLZO94961470Z01C15A2DTA000/

原油安を背景に日本株の主要な買い手であるオイルマネーに異変が生じている。サウジアラビア通貨庁(SAMA)が大株主に入っている日本の上場企業は9月末時点で30社と、半年前と比べて5割減った。株式の時価総額では3分の1に減少している。原油安で国家財政の悪化に直面し、余剰資金を運用していた株式市場から資金を引き揚げているようだ。



原油安ショック=製油所やパイプラインなどの資産売却が続く




関連記事
[ 2015/12/19 12:28 ] 国際 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kabutube.blog28.fc2.com/tb.php/2276-101677de







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。