サイバー黙示録 2分でわかる世界 Cyber ​​Apocalypse サウジがイランと断交、シーア派指導者処刑で宗派対立悪化




スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

サウジがイランと断交、シーア派指導者処刑で宗派対立悪化

サウジがイランと断交、シーア派指導者処刑で宗派対立悪化

ニムル・ニムル氏
処刑されたシーア派ニムル師


[リヤド 3日 ロイター] - サウジアラビアは3日、イランの首都テヘランのサウジ大使館襲撃を受け、イランとの外交関係を断絶した。イスラム教スンニ派のサウジ王室と国民の大半をシーア派が占めるイランの関係は、サウジがサウジ王室に批判的だったシーア派の有力指導者ニムル師を処刑して以来、急速に悪化している。

サウジのジュベイル外相は記者会見で、在サウジのイランの全外交官や関係者に対し、48時間以内の国外退去を命じたと明らかにした。


http://jp.reuters.com/article/saudi-security-iran-ties-idJPKBN0UH0QK20160104


関連記事
2016年は株安になる10の根拠



関連記事
[ 2016/01/04 16:16 ] 中東・アフリカ問題 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kabutube.blog28.fc2.com/tb.php/2285-683cb2cd







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。