サイバー黙示録 2分でわかる世界 Cyber ​​Apocalypse パナマ文書流出は、米国デラウェア州など、米国内タックス・ヘイブンに呼び込む陰謀




スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

パナマ文書流出は、米国デラウェア州など、米国内タックス・ヘイブンに呼び込む陰謀

パナマ文書流出は、米国デラウェア州など、米国内タックス・ヘイブンに呼び込む陰謀

demap.gif


米国が、英国の支配下にあるタックス・ヘイブンの名簿を、ばらまいて世界に公開したことの目的が、「英国系のタックス・ヘイブンのマネーを、米国のタックス・ヘイブンに呼び込むこと」であるのは、傍証からではありますが確かなことのように思えます。

「英国系のタックス・ヘイブンは危ない。米国系は安全である」と示すためでしょう。2016年1月27日付けのブルームバーグは、「今や利に聡い富裕層はせっせと米国内に富を移動させている」とも言う。

パナマ文書を、「ある人が正義にかられ、命の危険を冒して暴露した」とは、到底思えません。本人にとっての利益がどこにあるのか、考えることができないからです。


パナマ文書は、米国が世界に向かって仕掛けた「金融情報戦争」でしょう。インターネット時代には、「兵器」も情報化しているのです。

http://www.mag2.com/p/money/11888

関連記事
[ 2016/06/06 11:37 ] 経済 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kabutube.blog28.fc2.com/tb.php/2312-2a99a2ea







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。